※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《情報戦》

No.079 Command <第一弾
NODE(4)/COST(2)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【自分ターン1枚制限】

 目標の〔相手プレイヤー1人の手札〕を全て見て、1枚を選んで破棄する。

「それ、記事にさせてもらいますね」

Illustration:

コメント

相手の手札を確認し、その中から選んで1枚を破棄する。
強力かつ基本形と言える効果を持つ手札破壊カード。

相手の手札にある内から強力なカードを落とせる為、何か通したい行動がある場合に邪魔となるカードを確実に掃除しておく事が出来る。
また相手の手札を確認する為、その後の局面を有利に進める大きな情報を得る事が出来る。宣言タイプである禁忌『フォービドゥンフルーツ』のようなカードのサポートカードとしても優秀。
手札破壊としては必要なものは揃っている、まさに標準的なハンデスカードである。

ただ、効果の高さを考えれば相応とは言え、各種カウンターが強いこのゲームではノード・コスト共に軽いとは言えず、【自分ターン1枚制限】なため柔軟性にも若干難があり、あまり気軽に採用し辛いという印象が強い。
あくまで「手堅く強い」カードであり、「アドバンテージの取りやすさ」という面では他のカードに一歩譲る。同じハンデスカードでもプレイヤーダメージのオマケ付きの光撃『シュート・ザ・ムーン』キャラクターカードなうえサポートも豊富な射命丸 文/5弾などと比較すると、少し苦しいものがあるのは否めないだろう。

それでも、その高い安定感は戦力として十分有用。
また同系統のカードのスペックを考える上で、このカードが一つの基準となっているのも事実である。

  • 第十一弾環境で再び評価が見直されているカード。決まれば勝ちに近付くワンショットコンボやカードが増えた環境なので、それらを確実に通すためによく使われている。
  • かつて2度のエラッタを受けた珍しいカードの一つ。黄泉の舟神秘の卵本能『イドの解放』といった強力カードにも2度エラッタが掛かっていると考えるといかにこのカードが強力だったかが分かる。
    • 初出ではノード(2)/コスト(1)。マナの生成が絡めば1ターン目からプレイ可能、マナの生成(当時はプレイ制限が無かった)が2枚あれば後攻プレイヤーが先行プレイヤーのアクティブフェイズに手札を落としてくるという超性能で、VISIONで初めてエラッタを受けたカードの内の1枚となった。
    • そのエラッタではノード(4)/コスト(1)となる。1ターン目からプレイすることこそかなり難しくなったものの、現テキストのタイミング制限がなく、相手ターンのドローフェイズにプレイすることでトップドローしたカードを叩き落すことも可能というところは変わらなかった。2弾環境では人形の森というロックカードも登場したため、相手のハンドをズタズタにすることも可能だった。当然ながらかなりの採用率を誇っていたため、3弾環境に入ると同時にエラッタを受け、現在に至る。


関連