※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《永夜の術》

No.089 Command <第一弾
NODE(3)/COST(2)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなた〕はライフポイントを2支払う。このターン終了後、相手のターンをスキップしあなたのターンを開始する。但し、そのターンでは「永夜の術」のプレイと、攻撃を行うことは出来ない。

「ここには誰も居ない。誰も訪れない」

Illustration:くろな

コメント

追加のターンを得られるコマンド

厳密には、「このターン終了後の相手ターン」をスキップし、こちらのターンを開始する効果である。
これは、追加のターンを行っているわけではない。
相手ターン中にプレイし解決しても、自分ターン(追加)→自分ターン(通常)という形にはならない。

永夜の術の効果で実行されているターンには、以下の制限がかかっている。
  • 「永夜の術」のプレイはできない
  • キャラクターに攻撃させることはできない
  • 「攻撃する」という効果でキャラクターが攻撃することはできない
逆に言えば、いわゆる「1ターンに1回しかできない行動」をもう一度行えるということになる。
  • 再びドローできる。
  • スリープ状態のキャラクターをアクティブに出来る。
  • マナチャージなどの起動効果が使用できる
  • ノードセットが行える。
  • キャラクターを出せる。

2ライフの損失と引き換えに、自分の場を整えるために使うものだろう。

速攻デッキならばこれを使うことで展開を高速化できる。


  • 1/22にエラッタが適用され、コストが(1)→(2)、ダメージがライフポイントのロストになった。

関連