※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《死神「ヒガンルトゥール」》

No.115 Spell <第二弾
NODE(4)/COST(1) 術者:小野塚 小町
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 維持コスト(1)

(相手ターン)0:
 目標の〔プレイヤー1人、またはキャラクター1枚〕に1ダメージを与える。その後、〔あなたの冥界の上のカード1枚〕を裏向きにして〔このカード〕にセットする。セットできない場合、このカードを破棄する。

【(自動γ):
 〔このカードにセットされているカード〕が3枚以上になった場合、〔このカード〕を破棄する。】

死神の介錯で、また一人彼岸に帰っていく・・・

Illustration:たこ焼き
(テキスト修正@2011/03/13)

コメント

小野塚 小町のスペルカード

相手ターン限定だが人界剣『悟入幻想』のような働きをする。
出してから次の相手ターンで使えば実質掛かるコストは1なので意外と使える。
スターサファイアルナチャイルドのような耐久1のキャラクターが相手の場に複数居れば一掃出来る。
魔導書とのシナジーが凶悪。数次第では大型も落とせるようになる。
たまに相手プレイヤーに3点ダメージで、最後の一押しになったりもする。

注意すべき点は、以下の2つ。
  • 1つ目は、冥界にカードが2枚以上ないと本来の性能を発揮できないこと。つまり、序盤に相手が場に出したサニーミルクを除去しようと思ってもできない場合があるということ。
  • 2つ目は、VISIONにおいては「1枚のカードの同一の効果はその干渉内で一度しか使用できない」というルール。一度の干渉内で三連射は出来ない。

  • テキスト修正により「3枚」→「3枚以上」になった。
  • 冥界のカードが1枚もなくてもダメージを与えることが出来る。この場合「その後~」の効果の解決には失敗するが、「セットできない場合~」の効果は問題なく発揮され、このカードが破棄される。
  • 永続的に利用する方法も幾つかある。
    • 知略の幻術チームと組み合わせる。相手ターンに2回効果を起動→知略の幻術チームの効果で自分ターン開始時に1枚、次の相手ターン開始時に1枚破棄する。
    • マナシールドボーダーオブライフ2枚(1枚は冥界の一番上、もう1枚は手札)、森近 霖之助/7弾と組み合わせる。ヒガンルトゥール効果起動→ボーダーオブライフ→ヒガンルトゥール……というループを無限に繰り返し、好きなだけダメージを与えられる。揃えるカードの枚数が多い、冥界対策、カウンター、キャラクター除去などで対策が取れるため現実的ではないが、決まれば勝利が確定する。


関連