※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《不死「火の鳥 -鳳翼天翔-」》

No.119 Spell <第二弾
GRAZE(1)/NODE(6)/COST(2) 術者:藤原 妹紅

【自分ターン1枚制限】 【幻想生物】 速攻 維持コスト(1)

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘によって決死状態になった場合、あなたはこのキャラクターを手札に戻しても良い。

攻撃力(4)/耐久力(3)

永遠を生きる伝説の鳥。自らを火で焼くことで再臨すると言われている。

Illustration:ニュー速回線

コメント

藤原 妹紅のスペルカード
幻想生物としては並程度の戦闘力に、まさに不死鳥の名に恥じない能力を持つ。

単体では戦闘力の割にノード・コストが重い上維持コストがかかるため、術者である藤原 妹紅無しでは扱いづらい。
逆に、藤原 妹紅がいるのであればノーコストで4/3・速攻の【幻想生物】となり、とたんに扱いやすくなる。

速攻を持ち、戦闘によって決死状態になった場合は手札に戻る事が出来る為、相打ちになっても次のターンに(不死「火の鳥 -鳳翼天翔-」をこのターンに1枚もプレイしていなければこのターンに)すぐ復活出来るという性質を持つ。
藤原 妹紅自体がコストが低めで自身の効果により場持ちしやすい事もあり、決死状態にされる事を省みる事無く継続的に運用する事が可能な【幻想生物】だろう。

主な用途としては、藤原 妹紅を用いたライブラリーアウト狙いのデッキのブロッカー役などが挙げられるか。
アタッカーとして用いるには、戦闘力面であまり特化していないのに加え、肝心の藤原 妹紅があまりビートダウンに向いた性能をしていないので多少厳しいだろう。

  • (自動γ)は戦闘によって決死状態になった場合のみ解決される。
    • 3という人界剣『悟入幻想』で焼いてくださいとでも言いたげな耐久力もあり、弱くは無いのだがどうにも使い所に困るカードである。
    • 自動効果を無効にされた場合も手札には戻らない。
  • 性質上仕方がないとはいえ、【自分ターン1枚制限】を持っているのもネック。プレイしたターンに戦闘で決死状態になり手札に戻ってきても、そのターン中もう一度場に出すことは出来ない。
  • エラッタにより、速攻が追加された。

関連