※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《花符「幻想郷の開花」》

No.124 Spell <第二弾
NODE(5)/COST(2) 術者:風見 幽香
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 維持コスト(1)

(自動γ):
 あなたのターン開始時に、〔あなたの冥界の上のカード1枚〕を、裏向きにして〔このカード〕にセットする。

(自動γ):
 あなたのメンテナンスフェイズ開始時に、〔あなた〕はライフポイントをX得る。Xはこのカードにセットされている裏向きのカードの枚数に等しい。

幻想郷に溢れ出した強い生命力を持つ植物は、
あなたが生きるのに必要なものを与えるだろう。

Illustration:雨宮のの

コメント

風見 幽香のスペルカード
毎ターンライフポイントを回復し、その回復量もターンごとに1点ずつ増加していく世界呪符

回復量は1点から始まりターンごとに+1と実にスロースターター。
だが、ある程度以上セットカードが溜まえば加速度的にライフが増加していき、ダメージ量より回復量が上回りノーガードでもライフが減らないという悪夢のような状況を作り出す可能性も秘めている。

その意味で非常に危険な世界呪符である。
解呪のような破棄手段を用意するか、回復量が低いうちに決着を付ける、あるいは幽香を除去して維持コストを無視出来なくさせ間接的に持久戦を封じるなどの対処をしなければ、手が付けられない事になる油断出来ないスペックを持っているのだ。

ただ、使われるとかなり厄介なこのカードだが、自分で使うとなるとやはりそのスロースターターぶりとライフ回復という要素そのものが持つ地味さが目に付く事になる。
上の例はあくまで回復量がダメージを上回った場合であり、またそこまで相手が殺し切れなかった場合の話なので、文字通り「された相手が悪い」という域にあるカードである。
いくらライフを得てもゲームに勝てるわけではないので、勝利に直結しない回りくどい性質もデッキ採用を躊躇わせている要員と言えるだろう。

奇跡『神の風』とのコンボによる完全封殺ロックコンボが有名だが、前述の通り時間さえ掛ければこのカードだけでもロックを掛ける事は可能であり、あくまでそれまでの時間を少々稼ぐぐらいの意味合いしかない。
どちらかと言えば、解呪対策として上白沢 慧音とのシナジーの方が重要であると言えるだろう。

なお、大災厄とは致命的に相性が悪い。どんなに体力を稼いでもプレイ・解決を許してしまうとたちまちライフが5点になる。
こればかりは相手がそのようなデッキを使っていた時点で仕方が無い事なので諦めるしかないだろう。

  • このゲームにライフの上限は無い(25点はあくまで初期値)。つまりその気になれば50点、70点と無尽蔵にライフを得る事も可能。
  • 前述の通りスタートがかなり遅いが、参照する「裏向きのセットカード」はこのカードの効果によってセットされたものではなくても構わない。鬼火『超高密度燐禍術』をこのカードを目標にプレイし解決すると、次のターンには回復量が4となりスタートが遅いというデメリットを減らすことも可能。
  • その効果の都合上、風見 幽香/5弾との相性が良い。
  • 破滅の呼び声などのカードでこのカードのセットカードを除外し、一方的にアドバンテージを取ることも可能だが、現実味はないかも知れない。


関連