※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《河城 にとり》

No.167 Character <第三弾
GRAZE(2)/NODE(5)/COST(1) 種族:河童

(自動γ):
 〔全てのプレイヤー〕は、カードを自分の手札に加えた場合、Xダメージを受ける。Xは手札に加えたカードの枚数に等しい。この効果は重複しない。

攻撃力(4)/耐久力(4)

「げげ、人間!?」
(PR.026:「じゃあねー人間 ちなみにこれ以上来ると危険だよー」)

Illustration:結城えいし

コメント

河童のエンジニア、決してスパナ1本で戦車を分解したりはしない。
何かしらカードを手札に加える度にそのプレイヤーに効果ダメージを与える能力を持つ。

この(自動γ)は、ドローフェイズの規定の効果でのドローも適用される為、にとりがいる限り互いに1ターンに付き1ダメージずつ受け続けると書かれてあるのに等しい。
恒久的に与えられるダメージへの対抗手段はマナシールドくらいしかないため、お互い何もしないでもライフが減っていく状況となるだろう。

通常ならば同じ速度でライフが減っていくことになるが、Special Collection Vol.3で収録された真紅の魔神チームがいれば、その(自動α)により相手のダメージが3になるためかなり優位に立てるようになる。

もちろん強引な取引のようなドローカードを使おうものならダメージは加速し、新史『新幻想史 -ネクストヒストリー-』などはライフダメージを考えれば実質封印に近いほどの影響力を生み出す。

さらには秘密結社符ノ壱“アリス・マーガトロイド”奇術『エターナルミーク』など(ドローではない)「手札に加える」効果や白玉楼の幻闘など場のカードが手札に戻った場合でもダメージを受けることになる。
怪奇『釣瓶落としの怪』などの冥界回収能力へのある程度の対策として使える場面もあるだろう。

これらは相手にとって非常に邪魔だが、使う本人にとっても同じなので注意が必要となる。
また、ダメージを受けるようになるだけでそれらのカードが使用できなくなるわけではないため、使われないと思っていると足を掬われる可能性もあるので油断はしないようにしたい。


自身のスペルカードとは比較的相性が良い。
洪水『ウーズフラッディング』河童『お化けキューカンバー』水符『河童のポロロッカ』のいずれもドローさせる効果を持っているため、それにダメージが伴うようになるからである。
もっとも、相手にドローさせてダメージを狙う、というトリッキーな戦法は、「ドローさせる」リスクの割に実りが少ない事、他のカードで普通に殴った方が効率が良い事などから実戦向きではない。

ライブラリーアウトを狙う場合は、こちらのライフが減るため逆に邪魔だと感じる事すらあるかもしれない。

一応、開海『海が割れる日』の追加によって多彩な戦法を採ることが可能ではある。
にとりが場にいる場合、河童『お化けキューカンバー』が1ターン限りだが5/3の隠密持ちとして運用できる。
海が割れる日→キューカンバー→ウーズフラッディングと持っていくことで10点のドローダメージ、もしくは15枚の山焼きをすることも可能。
ビートダウン、山焼きの最後の一押しとして十分に活用出来るだろう。


  • 2008年11月30日のエラッタによりコストが(2)→(1)に、通常のドローだけではなく、手札にカードを加える効果も効果の対象になるようになった。
  • ダメージXは、ドローした枚数で決定し、1ダメージをX回ではなくXダメージを1回である。騒符『ソウルゴーハッピー』では3しか回復しないし、真紅の魔神チーム(自動α)が有効でもダメージは3*XではなくX+2である。


関連