※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《符ノ弐“霧雨 魔理沙”》

No.186 Character <第三弾
GRAZE(3)/NODE(-)/COST(-) 種族:人間

【弐符】 先制 マナチャージ(1)

(自分ターン)(S):
 目標の〔相手プレイヤー1人の冥界にあるスペルカード1枚〕をゲームから除外する。その後、そのカードの本来のコストを支払い、あなたがプレイしたものとして解決する。この効果はスペルカードのタイミングでしか使用できない。

攻撃力(7)/耐久力(5)

「お前を潰す場合は何処が良い?」

Illustration:CircleK

コメント

スペルブレイクをした、魔法の森に住む白黒の魔砲使い。
相手の冥界にある使用済みのスペルをパクる。

相手プレイヤーの冥界しか参照出来ないため、相手への依存性が非常に高く確実な効果を得るのは難しい。また本来のコストを支払わなくてはならない為ノード的に得するわけでもない。
ただスリープさせる事でスペルカードの効果を得られる為、上手く使用済みの除去カードなどを釣り上げれば手札を消費せず相手のカードを破棄する事が出来たりなど、容易くアドバンテージを得る事が可能ではある。

総合して魔理沙にしては珍しく普通の、弐符としてはむしろ地味で使い勝手の悪い能力に当たり、スペルブレイクをしてまで積極的に使われる事は少ない。

ただ戦闘力の面では完全に上位互換である為、高攻撃力の先制持ちアタッカーとして普通に強いのも事実である。
とはいえ、その場合もレミリア・スカーレット/1弾という対抗馬が存在し、スペルブレイクする為の手間とプレイコスト、及びその効果を天秤にかけると、やはり微妙と言わざるを得ないのが現実である。

  • 「本来のコストを支払い」なので、残念ながら自分の場にその術者が居る場合でもコストを支払わなければならない。(旧FAQ)

関連


※「霧雨 魔理沙」を参照するカード