※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《紅葉狩り》

No.221 Command <第三弾
NODE(1)/COST(1)
効果範囲:その他
発動期間:瞬間

 目標の〔あなたのノード2枚まで〕を手札に戻し、手札から同数のカードを選んでスリープ状態でノードに加える。その後、〔あなた〕は1ドローする。

「ほら、いっぱい取れたぜ!」
「きのこ狩りに来たんだったかしら・・・」

Illustration:高槻ツカサ

コメント

ノード操作カード。
キャントリップが付いているため、手札の枚数も減らないのが嬉しいところ。

汎用性はその軽さに反して非常に高く、1ノード1コストにして最大で3枚のカードにアクセスできる。
グレイズマナチャージでノードに送られたカードを目標に指定すれば、新鮮な3枚を求めることが可能で、劣勢の際などに活路を求めやすい。
デッキ内のキーカード消滅というリスクがあるゲームシステムそのものに逆らう事ができるため、お守りにもなる。

もちろん、上手に運用するためには自分でノードに伏せたカードの内容と場所は確実に覚えたい。
これが初手にあるだけで、比較的重めなカードを安心してノードに伏せられ、後半不要になったマナの生成のようなカードを状況に応じた有用なカードに変換できるのはやはり強力。要はこのカードを手札に抱えるだけで潜在的な手札を増やしているわけで、このカードの真価はそこにあるといえる。
他にもノードエリアにキーカードを置いておくというプレイングも存在する。ハンデス禁忌『フォービドゥンフルーツ』などに干渉してこのカードをプレイ、安全なノードエリアに退避させてもう一枚のこのカードで回収、というプレイングで、特に一枚のカードに依存するデッキでは有効。

汎用性と柔軟性に関してはリニューアル前から存在するカードとはとても思えないレベルで、デッキの潤滑油としては一級品。
同期である香霖堂とともに、ソリティアデッキから重コントロールデッキまで、様々なデッキに投入され活躍してきた伝統のカードである。
長く活躍しながらエラッタを受けずに生き残っているカードでもあり、カード1枚に詰め込んでいる機能を考えても、奇跡のバランスによって誕生した1枚といってもいい名カードであろう。

  • 仙符『鳳凰卵』などの目標になったノードを戻すことで、目標不適切により効果を実質無かった事に出来る。もちろん、手札に戻したカードをノードに加えても同じカードとはみなされない。対ノードロックとしてぜひとも覚えておきたいプレイングである。
  • 目標を取るが、効果範囲その他である。陰謀論のお供として使えないのは残念。

関連