※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《香霖堂》

No.226 Command <第三弾
NODE(3)/COST(1)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなたのデッキの上のカード3枚〕を公開し、1枚を選んで手札に加える。選ばなかったカードは全て破棄する。

「相変わらず、訳のわからないもん持ってるな」

Illustration:CircleK

コメント

強力なデッキ操作カード。
1コストでデッキを3枚を掘り下げられるので、目的とするカードをそれなりの確率で探すことが出来る。

とにもかくにも「手札に加えるカードをある程度選べて」、「残りを冥界に送れる」という2点が強力で、必要なカードを集めるだけでなく、連結の素材、無縁塚夢殿大祀廟のような場所カードたち、あるいは小野塚 小町/11弾永江 衣玖/9弾陰謀論のための特定の効果範囲を持つカードなど、多くのタイプのデッキが必要としている冥界肥やしを行えるのがウリ。
その軽さと冥界肥やし力、そして手札が減らないどころか質が上がるという点が受けて、ウィニーから重コントロールまで様々なデッキに対応している良カードである。
選ばなかったカードは破棄されてしまい、結果としてデッキが削れていることには注意。

銀ナイフが3枚の中にあると、他のカードを手札に加えつつ銀ナイフを回収する為実質的に銀ナイフを破棄した枚分手札が増える事になる。

  • 3枚は公開されるため、選んだカードが相手にも知られる。選ばなかったカードも採用されているということを知らせるので、相手にデッキの情報を与えてしまう点には注意。
  • 欲しいカードが2枚以上来て頭を抱えるのはお約束である。
    • 逆に全て冥界に落としたいカードであるというお笑いな状況もあったとかなかったとか。
  • 破棄する順番は「選ばなかった2枚→香霖堂」の順なので、符ノ弐“西行寺 幽々子”による香霖堂の回収は、さらに3枚のカードを破棄する必要がある。
  • 登場から長らく、アグレッシブなデッキから重コントロールまで様々なデッキに採用されていたが、2013/04/03のエラッタにより必要ノードが(2)→(3)、公開するカードが4→3と大幅な弱体を受けることとなった。5年以上もの間エラッタを受けていないことが逆に驚きでもあるのだが、冥界を肥やせるという事それ自体が大きなアドバンテージに繋がる現環境では、むしろ遅すぎたエラッタなのかもしれない。


関連