※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《創符「流刑人形」》

No.264 Spell <第四弾
GRAZE(0)/NODE(1)/COST(1) 術者:鍵山 雛

【幻想生物】 人形

(自動α):
 〔あなたの場の「人形」を持つキャラクター全て〕は、相手プレイヤーのスペルカードの効果の目標にならない。

(自動γ):
 〔全てノード枚数の合計値〕が4の倍数になった場合、〔必要ノード1以下の「人形」を持つキャラクター全て〕を決死状態にする。

攻撃力(0)/耐久力(1)

流し雛はその身に厄を引き受けた後、川や海などから神の下に送られる。

Illustration:香水草

コメント

鍵山 雛のスペルカード
人形を守ると同時に人形を流す効果を持つ幻想生物

このカードによって決死状態になる必要ノードが1以下の人形第十三弾現在
そしてこのカードの18種類。実際にはこれに加えて、戦操『ドールズウォー』によって生成される蓬莱人形や、パペットリッターも含まれる。

全てのノードの合計なので、対戦相手のノード枚数も含まれる。
狙って流すのは難しいが、出しておけばそのうち確実に流されるだろう。
自分のメディスン・メランコリーや鍵山 雛、メイベルなど破棄されない種類の人形を守ったり、小型速攻デッキに投入してブロッカーになる相手の上海人形蓬莱人形をまとめて流したりと意外と汎用性が高い。

しかもこのカード自体も人形である為、スペルカードの目標にならないのもポイント。人界剣『悟入幻想』などのスペル除去で妨害されないので、相手が秋の女神狙撃のようなコマンド除去を持っていない限り除去は困難である。これは上記のどちらの使い方の場合でも役に立ってくれる。

とはいえ、このカードを人形対策カードとして見た場合、除去カードとしてはかなり不確実性が目立つのも事実で、現状では対象キャラを除去するなら疾風『風神少女』でまとめて破棄した方が安定するので、どこまでアンチ人形として活躍出来るかは微妙な所だろう。
かと言って対象外の人形サポートとして見た場合、ノードの数次第で自壊してしまうというデメリット持ちなので、個々を守るだけなら夢符『二重結界』の方がずっと安定するのは言うまでも無い。当然、人形主軸のデッキならこちらも蓬莱人形などを使うのが大半なので、その場合のリスクも考えれば採用は躊躇われる。

どちらを目的にしても上手く立ち行かず、結果かなり癖のあるカードとして仕上がっている。その点は術者の鍵山 雛/3弾の性質を非常に良く受け継いでいると言えるだろう。

  • 合計ノード枚数9(全てスリープ)の時2コストのカードを使うと、ノード合計は7となるので2つ目の自動効果は発揮されない。 プレイコストは同時に支払われているからである。
  • コスト支払い自体には干渉できず、またこのカードが持つのは(自動)効果であるため、ひとたびノードの合計枚数が4xになってしまったら人形たちを守る術はない。
  • 霊烏路 空/9弾秘宝『斑鳩寺の天球儀』で必要ノードを増やせば、このカードを含めた場の人形が流れることがなくなり、半永久的にスペルから守り続けることが可能。が、そこまでする価値があるかどうかは微妙と言わざるを得ない。


関連