※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《毒符「神経の毒」》

No.266 Spell <第四弾
NODE(3)/COST(1) 術者:メディスン・メランコリー
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:呪符

【呪符】

(自動γ):
 〔このキャラクター〕はコマンドカード、またはスペルカードがプレイされ、その効果が解決された場合、2ダメージを受ける。

(自動γ):
 〔あなた〕はコマンドカード、またはスペルカードがプレイされ、その効果が解決された場合、1ダメージを受ける。

神経から侵された者は徐々に衰弱し、やがて訪れる死に恐怖するしかない。

Illustration:びなゆ

コメント

メディスン・メランコリーのスペルカード
プレイヤーの行動に応じてキャラクターとプレイヤーにダメージを与える。

どちらの(自動γ)コマンドカードスペルカードををプレイしたのがどのプレイヤーであるかを問わないため、発生する機会は思ったよりも多い。
そのため、多少耐久力が高いキャラクターでもあっけなく決死状態になってしまう場合があり、一種の除去カードとして使うことも出来る。
火力カードの底上げとしてもかなり有用で、ただ人界剣『悟入幻想』紅符『スカーレットシュート』と重ねて撃つだけでもダメージ+2点だが、火力でなくとも他のスペルコマンドなどをプレイすることで+4になるため、除去出来るキャラの範囲がグッと広がる。
それでいてライフダメージ1~3点程度のおまけまで付くので、上手く噛み合えば低コストでかなり大きなリターンを望める。

ノード・コスト自体は人界剣『悟入幻想』と同値でかなり早い段階から場に出すことも可能だ。

また相手の残りライフが僅かな状況なら、このカードを耐久力の高い相手キャラクターに貼り付けるだけで軽度のロックとして働くこともある。
相手はただ単にスペルカードコマンドカードを使いづらくなる上、こちらのスペルカードコマンドカードは(相手ターンに使うカウンターなども含め)全てに「相手プレイヤーに1ダメージを与える」と書かれているのとほぼ同等になるので、能動的に削り落とす事も視野に入る。

状況次第でコスト以上に高い効果を上げられる強力な戦力になり得るカードである。



関連