※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《赤蛮奇》

No.1606 Character <第十七弾
GRAZE(1)/NODE(1)/COST(X) 種族:妖怪

速攻

(自動β):
 このキャラクターがプレイされて場に出た場合、目標の〔場のカード1枚〕に、〔そのプレイヤーのデッキの上のカードX枚〕を裏向きにしてセットする。そのカードがキャラクターにセットされた場合、以後そのカードは以下の効果を持つ呪符カード「飛頭」として扱う。
「戦闘修正:-1/±0」

攻撃力(2)/耐久力(1)

「その生首、もう一度見てみる?」

Illustration:君と子音

コメント

2度めの登場となるろくろ首。

プレイされて場に出た場合の(自動β)により場のカードに生首を飛ばす。
どちらの場のカードでも目標にでき、相手の場であれば相手の、こちらの場のカードであればこちらのデッキから支払ったコストX枚を裏向きでセットする。キャラクターであれば攻撃力マイナス1の呪符「飛頭」として扱われる。

と、どうみても飛頭「マルチプリケイティブヘッド」の効果そのものなのだが、あちらがコスト1で3枚セットするだったにもかかわらず、こちらは1枚しかセットできない。
支払ったコストによっては4枚以上セットすることも可能なので差別化は可能であるが、そこまで大量のコストを支払ってセットカードを増やしたいかどうかが問題である。活用法は元となった飛頭「マルチプリケイティブヘッド」および、さらにその元となった鬼火「超高密度燐禍術」を参考にしてほしい。

  • 一応、自動効果を全く無視して必要ノード2コスト0の速攻を持つ攻撃力2という扱いもできる。キスメ/5弾のようにドローもなければ優秀な術者というわけでもないが、出番はあるかもしれない。


収録


関連

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。