※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《チュパカブラ》

No.1489 Character <第十六弾
GRAZE(1)/NODE(2)/COST(1) 種族:吸血鬼/獣

速攻 先制

(自分ターン)(3)(S):
 〔このキャラクター〕と〔相手プレイヤーのノード2枚まで〕を選んで破棄する。その後、〔あなたのデッキの上のカード1枚〕をスリープ状態でノードに加えても良い。

攻撃力(3)/耐久力(1)

「…」

Illustration:CircleK

コメント


通称「ツパイ」の吸血妖怪……というかUMA。原作でも最終的に「厳密には妖怪ではない」と定義された故か、非常に珍しい吸血鬼として収録されている。

非常に軽く、速攻先制と戦闘向きの戦術を有しており、おまけに攻撃力は3。速攻要員としては申し分ない実力を持つ。
耐久力がとてつもなく低いが、先制の存在から序盤の戦闘で押し負けることはほぼないだろう。
  • 古いカードと比べるのも酷な話であるが、れみにゃの必要ノードを1上げたらデメリットが消えて攻撃力が1上がって速攻がついたと考えるとこのカードの強力さが際立つ。向こうがプロモーションカードであることを加味しても、それだけVision全体のキャラクタースペックが上がったということだろう。

一方で効果の方は使いにくさが目立つ。帳面だけを見れば相手のノードを吸って自分のノードを伸ばしているのだが、よりによって起動に3コスト、このカードを置くコストも加味したら4コストもの莫大なコストが必要。ノード増強効果を含んで尚赤字である。
効果を使いました、干渉してインドラの雷を打たれて焼かれました、3コストの払い損です、では笑うに笑えないので、入念な下準備をしてから使いたい……が、そこまで気合を入れて効果を使っても、行えるのは実質2コストでノード2枚の破棄のみ。
一応アクティブノードを破棄すればカード1枚分程度のアドバンテージは取れるが、それでもこのカードを失っているのでアドバンテージ的には結局五分と五分でしかない。
わざわざその程度のリターンを期待してデッキ枠を割くか、と言われると疑問符が浮かんでしまうのも仕方ないだろう。

効果の存在は忘れ、歴史創造などに対応しているウィニーキャラクターとして運用するのが妥当である。



関連