※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《アリス・マーガトロイド》

No.1492 Character <第十六弾
GRAZE(1)/NODE(2)/COST(1) 種族:魔法使い

マナチャージ(1)

(自動α):
 あなたのノードが3枚以上の場合、以下の効果は無効になる。

(自動α):
 〔全てのプレイヤー〕は、必要ノードが3以下のカードを1ターンに1枚しかプレイできない。

攻撃力(1)/耐久力(1)

「どうして幻想郷には回りくどい奴が多いのよ」

Illustration:えふぇ

コメント


安定した再録ペースを誇る人形遣い。今回は人形に関する効果を捨て、最軽量マナチャージ所有キャラとなった。
  • このカードが収録された第十六弾に「東方怪綺談」のキャラクターが収録されているのも一因かもしれない。同じく最軽量チャージャーである旧作アリスの代わりというわけである。

最軽量チャージャー群の中では際立って低い耐久力が目立ち、除去の矢面に立たされるノード基盤としては不安が残る。インドラの雷が存在する第十六弾環境では尚更である。

しかし、それを差し引いて尚強力な(自動α)が目を引く。
序盤の除去に制約を持たせることで生き残る目を増やし、確実にチャージャーとしての仕事を全うできる。
特に神仙術の登場によりよく見受けられるようになった序盤のカウンター合戦を一方的に制することができるのが大きく、前述のインドラの雷風水術一枚でケアできる。
お誂え向きにグレイズを持つので、抵抗つきの緑眼のジェラシーに耐性を持つのも評価できる。

ただし、一度マナチャージを使うと(自動α)は無効になり、さらに手札からノードを置くと、往々にしてこのカードの(自動α)を活用するのは困難になってしまう。
そうなるとこのカードは単に脆いサニーミルク/1弾となってしまうので、あくまで最序盤の戦線維持用と割り切ることも肝要である。

  • (自動α)の条件やその軽さから博麗 霊夢/13弾霧雨 魔理沙/13弾らのサイクルを意識したカードであるのは間違いないが、なぜかそれらが持つ封術を有していない。アリスのスペルは人形サポートに特化しており、人形に関わる効果を持たないこのカードが使ったところで何ら脅威ではない、ということだろうか。



収録


関連


#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。