※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《古明地 さとり》

No.1501 Character <第十六弾
GRAZE(2)/NODE(4)/COST(2) 種族:妖怪

抵抗(1)

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔相手プレイヤーのデッキの上のカード1枚〕をこのキャラクターにセットする。

(自動γ):〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、このキャラクターにセットされている裏向きのカード1枚を公開し、あなたがプレイしたものとして解決する。


攻撃力(4)/耐久力(4)

「貴方の心の奥底にあった技から強そうなのを選んだの」

Illustration:朱シオ

コメント


四度目の登場、覚妖怪のまだ覚ってる方。
今回は相手のカードを「想起」することに特化している。

場に出たら(自動β)でカードを奪い、死んだ時に(自動γ)でそのカードを使用することができる。
そのため、積極的に相手に狙ってほしいのだが、いかんせん放置してもさほど問題がない戦闘力が足を引っ張る。
第十六弾環境での攻撃力4はグレイズ1程度の打点であるため、グレイズ2のこのカードで殴り続けるのは些か効率が悪い。
かといって自分からブロックに出るにしても、このカードを倒せるキャラクターというのはそこそこに強い場合が多く、このカードで下手なカードをめくっただけでは返しきれない場合も多い。

ただ置くだけで強いわけでもなく、その上でめくれたカードが物理術でしたー、では笑うに笑えないので、何らかのコンボで相手の切り札を狙い撃つ必要がある。
その中でもラストリモート(自動β)はアドバンテージを失わず、デッキ内を確認できる範囲が広いため、使いさえすればピンポイントで相手のデッキ内から切り札を抜き出せる。
幸いにして第十六弾環境は大型キャラクターを何らかの形で踏み倒すデッキが環境の一角に存在しており、ラストリモートを打つ機会も多く、また、それにより大物を踏み倒すことも狙いやすいだろう。

なお、一応最安の「古明地 さとり」であるが、少女さとりとはノード帯が噛みあわず、さとりのスペルはスペルサポートのものが多いため、古明地 さとり/12弾の方が噛み合いがいいこともしばしば。
最速で地霊殿想起「恐怖催眠術」などの手札破壊を打てればそこそこの嫌がらせになるので、狙うとすればそれくらいだろうか。



収録


関連

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。