※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《化符「忘れ傘の夜行列車」》

No.1528 Spell <第十六弾
NODE(3)/COST(1) 術者:多々良 小傘
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】

(自分ターン)(S):
 〔あなたの手札を1枚〕を破棄する。その後、〔あなたのデッキ〕を全て見て、この効果で破棄したカードと同じ必要ノードとコストを持つカード1枚を抜き出し、相手プレイヤーに見せてから手札に加えても良い。その後、デッキをシャッフルする。

忘れ去られた傘は別の何かに変容する。

Illustration:青芝クレハ

コメント


多々良 小傘のスペルカード
妨害を得手とする小傘のイメージとは一転、自分の手札の質を強化する世界呪符

手札のカードを破棄し、同ノード、同コスト帯のカードをサーチするという少々特殊な条件のサーチカード。
構築の段階でノード帯を絞る、物理術風水術や、強引な取引是非曲直庁の威令など、汎用性の高いカード同士を入れ替える、古明地 さとり/12弾少女さとりなどコンボパーツ同士を入れ替えるなど、構築次第では活躍を期待できる。

しかし、手札のカードを破棄して別のカードに変換しているだけなので、ただこのカードを使っているだけではカードアドバンテージは得られない。
このカードを置いた時点で1枚のディスアドバンテージを負っているため、同じノード・コストを持つカードがデッキにあるからといって安易に採用できるカードではない。スペルカードとコマンドカードには魔法研究未来予知がそれぞれサーチカードとして存在するので1度使って終わる程度なら、そちらでも十分だろう。

このカードの真価は銀ナイフと組み合わせた時に発揮される。銀ナイフの属する3ノード1コスト帯には作戦阻止騒符「リリカ・ソロライブ」黄泉の舟夢殿大祀廟命蓮寺、そしてこのカード自身と、質、量共に申し分ないカード群が揃っている。一度2枚が揃えば、起動にコストを必要としないことも合わさり、毎ターン好きなカードを確保できるようになる。
銀ナイフもこのカードで先に挙げたカード群を破棄すれば確保できるため、強力な構えでありながら下準備やデッキ枠の圧迫をほぼ行わないのも魅力である。
また、インドラの雷をその(自動β)で手札に加えてから、このカードで破棄することで、緑眼のジェラシーなどの1ノード1コスト帯のカードならば手札によらず変換することができる。最初に怪奇「釣瓶落としの怪」に変換しておけば、1ノード1コストのカードも何度でもサーチでき、これら2つは銀ナイフでサポート可能である。

このように非常に便利なカードではあるが、レイセン/10弾神前試合などがあるとその力を発揮できない。
また紫色を超える光は一度限りとはいえ、見えないところから現れるため起動効果干渉して使われると目も当てられない事になるため注意が必要である。
デッキを円滑に回すためのエンジンとなり得るカードであるが弱点がはっきりしているため、運用の際は注意しておくこと。


収録

関連

#include plugin Error : 指定されたページはございません。