※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《表象「弾幕パラノイア」》

No.1534 Spell <第十六弾
NODE(5)/COST(0) 術者:古明地 こいし
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】

(自動β):
 〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、【】の記述を持たないスペルカード1枚を抜き出し、このカードにセットしても良い。その後、デッキをシャッフルする。

(常時)X:
 〔このカード〕を破棄する。その後、〔このカードにセットされていたスペルカード1枚〕を、あなたがプレイしたものとして解決する。Xはこのカードにセットされているスペルカードのコストに等しい。

弾幕偏執病。異常な執着を見せる様になる。

Illustration:きゃっとべる

コメント

古明地 こいしのスペルカード。
デッキからスペルカードをサーチしてくる【世界呪符】。

世界呪符、呪符装備連結、といった一部のカードを除くとはいえ、多くのカードをサーチすることが可能。さらにこのカード自身は0コストであり、コスト損もしないという汎用性がウリ。デッキ内のキーカードを水増しすることも、1枚挿しのカードをシルバーバレット的にサーチすることも可能で、運用方法は非常に幅広い。
また、起動効果のタイミングが(常時)であることも特長。普段タイミングを限定されているカードをいつでも使用可能となるので、うまく使えばアドバンテージは計り知れないものになるだろう。
さらにこのカード自体は0コストであるので、抵抗は無いものの「聖尼公のエア巻物」のように打たれる側からするとカウンターし辛い点もあげられる。カードがセットされた後の効果の起動を止める手段は限られるため、キーカードの水増しとともに通しやすさの向上にも大きく貢献できる。


天敵は同じく第十六弾収録の紫色を超える光装備/場と違い世界呪符は次のターンになればプレイ可能ではあるものの、アドバンテージを取られながら実質カウンターされるので注意。

  • デッキという非公開の領域から抜き出してセットするため、セットするカードは裏向きのままである(IR-3.4.3.a)。常時効果のコストを支払う際には一時的に表にし、コストを確認し支払う(IR-3.1.5.e)こと。
→幻視の世明けにて3.1.5.d(変更)のルール改定で表向きでセットすることに。

  • 14/08/21付けのテキスト修正にて、エラッタ並みの機能変更を受けた。
    • 修正前は「〔このカードと、このカードにセットされているスペルカード1枚〕を破棄する。その後、〔この効果で破棄したスペルカード〕をプレイしたものとして解決する」効果であった。
    • つまるところ、このカードそのものもスペルカードであるため、〔この効果で破棄したスペルカード〕の対象になっているのである。
      • これ自体は世界呪符であるため同じターンに起動するとプレイ不可となってしまうものの、ターンさえ跨いでしまえばいくらでも再利用が可能であった。あまりにも容易にアドバンテージを稼いでしまうため、修正はやむを得ないところであろう。


収録


関連

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

#include plugin Error : 指定されたページはございません。