※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《槌の子》

No.306 Character <第五弾
GRAZE(1)/NODE(2)/COST(1) 種族:妖怪/獣

(自動α):
 〔全てのキャラクター〕は「マナチャージ(1)」を得る。

(自動γ):
 〔全てのキャラクター〕は「マナチャージ」を行った場合、その効果の解決後に3ダメージを受ける。

攻撃力(1)/耐久力(1)

「・・・」

Illustration:しろがね

コメント

現代日本のレアモンスター、ツチノコ。
全てのキャラクターにマナチャージを与える効果と、マナチャージに対するアンチ能力を併せ持つ。

大抵のマナチャージを持つキャラクターは、耐久力3以下である為、いるだけで大抵のマナチャージ所持者のマナチャージを使い捨てにさせる。
ノードも低く、出たターンから効果を発揮する為かなり強力なアンチ能力だが、当然自分もその効果を受ける事には注意したい。また、あくまでダメージを受けることになるだけで、使用自体は許してしまう。

一方で、全ての場のキャラクターにマナチャージ(1)を与える。
上記の効果も考慮に入れれば耐久力が4以上あるキャラクターでなければ使えないが、逆に言えばそのようなキャラクターと組み合わせる事で一方的にマナチャージを行使する事が可能になる。
また耐久力が3以下であっても用済みとなって場に腐っているキャラクターをノードに変換出来る、と考える事も出来るか。もちろんこれも相手も同じ恩恵を受ける為、相手の場に腐っているキャラや耐久力4以上のキャラクターがいる場合は使いづらいだろう。

ちなみに、耐久力4以上で最も軽いキャラクターはノード1のゴリアテ人形ティターニア幻想生物を含めると氷符『アイシクルフォール』湊符『幽霊船の港』。変わった所だと錨符『幽霊船長期停泊』によって登場する「幽霊船の港」がある。
ここにノード2の梅霖の妖精/3弾多々良 小傘/7弾が続く。ただ、実質的には耐久力が変動する半幽霊、および効果ダメージを受けない露西亜人形も含まれる。

要石を使うとこっちのキャラクターは効果ダメージを受けなくなるのでマナチャージし放題である。

  • 既にマナチャージを持っているキャラクターが効果を受けた場合の処理はマナチャージの項を参照。


関連