※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《蓬莱山 輝夜》

No.321 Character <第五弾
GRAZE(2)/NODE(5)/COST(1) 種族:人間

伝説 耐性:幽霊

(相手ターン)(1):
 〔このキャラクターにセットされている装備カード1枚〕を手札に戻す。

(自分ターン)(1):
 〔このキャラクター〕に装備カードが1枚もセットされていない場合、〔あなたの手札にある、術者が「蓬莱山 輝夜」であり【装備】を持つスペルカード1枚〕をこのキャラクターにセットしても良い。

攻撃力(4)/耐久力(3)

「こんな私を連れ出そうとする人にはいつも難題を与えてきたわ」

Illustration:里村響

コメント

蓬莱山 輝夜/1弾のリメイクカード。
装備をとっかえひっかえする能力を持つ。

ほぼ中堅クラスとも言えるノード・コストの低さで伝説を所持している。レミリア・スカーレット/5弾のようなデメリット効果も持たず、効果も相まって現在最も手軽に神器をセットする事が出来るキャラクターである事は間違い無いだろう。

また効果で術者に「蓬莱山 輝夜」を持つ装備をセットする能力を持つ。
一見すると本来ノーコストでセット出来る神器を、自分のターンに1コスト支払ってセットする為損にしかならないように思える。実際、何も考えずセットしてもどうしようもない。

だが、キャラクター効果で、干渉のタイミングで神器をセット出来るのはそれだけでメリットと言え、例えばディゾルブスペルにより無効化されるのを未然に防いだり、攻撃時の干渉でセットする事で油断した相手に難題『火鼠の皮衣 -焦れぬ心-』を食らわせたり、難題『蓬莱の弾の枝 -虹色の弾幕-』でこのカードを守ったりするなどの利用法が考えられる。

相手ターンに装備を手札に戻す効果は、破壊の目から緊急回避したりなどの使い道が主となるだろう。
また他にも難題『仏の御石の鉢 -砕けぬ意思-』葉団扇のようなセット時に効果を発揮する装備の効果の再利用という使い道が挙げられる。特に前者はドロー効果ともシナジーを形成していて美味しい。ナズーリン/10弾との相性も抜群。

このように、あらゆる意味で、神器とのコンボを前提としたキャラクターと言えるだろう。

また、地味に耐性:幽霊を持つ。
西行寺 幽々子/10弾魂魄 妖忌/9弾の持つ即死もこれで怖くない。

  • 一番目の効果は、神器である必要も術者が「蓬莱山 輝夜」である必要も無い為、コマンド装備でも回収可能である。


関連


※「蓬莱山 輝夜」を参照するカード