※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《古明地 こいし》

No.333 Character <第五弾
GRAZE(3)/NODE(7)/COST(4) 種族:妖怪

奇襲 隠密

(自動α):
 〔このキャラクター〕はスペルカード、コマンドカード、及びキャラクター効果の目標にならない。

攻撃力(6)/耐久力(6)

「貴方には恨みはないけど、ここで野垂れ死ぬ未来をあげるわ」
(PR.102:「お姉ちゃんすら敵わなかった貴方の力、是非見せて欲しいわー!」)

Illustration:羽瀬ななせ(PR.102:君と子音

コメント

心を閉じた少女、その心はサトリでも読むことが出来ない。
数少ない隠密持ちアタッカーの一人で、またあらゆるカードの効果の目標にならないという高位の耐性も所持する。

隠密を所持するアタッカーとしては非常に使いやすいスペックを持っており、グレイズ効率もまだマシな方で射命丸 文/1弾のように酷いデメリット効果も無い。
またあらゆるカードの目標にならないという八雲 藍/1弾をも凌ぐ耐性を所持し場持ちしやすいので、継続的に攻撃し続けることに長けている。

ただし欠点も大きく、まず自分のカードの目標にもできないため、他のカードによる強化・フォローが行い辛い。
よって、ある程度はこのカードに書かれたスペックだけで頑張らなくてはならないのだが、そうなると比較的数が多く防御されやすい種族:妖怪であり戦闘力もそのノード・コストに比べて少し頼りないという欠点が露呈してしまいやすい。
また例によって目標を取らないカードは通用するので、恋符『マスタースパーク』などの全体除去にも弱い。

このように確かに優秀なアタッカーではあるが、単体で用いるには若干の心許なさは否めないのが正直な所である。
少なくとも主軸としてデッキに採用するつもりなら死符『ギャストリドリーム』秘術『グレイソーマタージ』などの除去カードによるフォローは欲しい所だろう。

目標を取らないカードなら普通に受け付けるのを逆に利用し、それらのカードによるフォローを考えるのも一つの手ではある。
神術『吸血鬼幻想』などは種族を吸血鬼に変えて比較的ブロックされ辛いようにすると同時に、戦闘補正によりライフ25点を削り切るスピードを1ターン分早めたりなどが出来るので相性が良いと言える。

上記の隠密に比べると影は薄いが、一応奇襲も所持している。
これだけのノード・コストの重さに加え元から除去耐性を持つこのカードにおいて有用性は比較的低いが、それでも情報戦などのハンデス効果で破棄されそうになった時に干渉でプレイ出来たりなど、十分役に立つ戦術である。


関連