※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《符ノ弐“伊吹 萃香”》

No.340 Character <第五弾
GRAZE(4)/NODE(-)/COST(-) 種族:鬼

【弐符】

(自動β):
 〔このキャラクター〕が場に出た場合、〔あなたの冥界の上のカード5枚〕を裏向きにしてこのキャラクターにセットする。以後、そのカードは以下の効果を持つ呪符カード「霧」として扱う。

 「戦闘修正:+1/+1」

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が〔相手プレイヤーのスペルカード、またはコマンドカード〕の効果の目標になった場合、このキャラクターにセットされているカードを2枚選んで破棄する。その後、そのカードの効果を無効にし、破棄する。

攻撃力(3)/耐久力(3)

「我が群隊は百鬼夜行、鬼の萃まる所に人間も妖怪も居れる物か!」

Illustration:葉庭

コメント

スペルブレイクをした、百鬼夜行の主。

順当に符ノ壱“伊吹 萃香”からスペルブレイクして場に出せば、セットカードは引き継がれるため合計10枚、(+10)/(+10)という脅威の戦闘補正になる。
もちろんその大量の呪符『百万鬼夜行』によってキャラクターに変換する事も出来、その爆発力は相当なものとなる。

また壱符萃香と違い、相手からのカードのみを無効化出来る様になった。
ただし、代償としてセットカードを削っていかなければならない。

削るべきセットカードは「霧」である必要はないので本人のスペル鬼火『超高密度燐禍術』などで枚数を底上げするのも有効だろう。

符ノ壱“伊吹 萃香”と同様に呪符を持つセットカードに大きく依存しているので、アンチカードの的になりやすい。
目標を取る迷ひ家はまだしも、八坂 神奈子/3弾審判『十王裁判』は相変わらず天敵であり、また運命のダークサイドによっても簡単に弱体化されてしまう。

  • 忘れがちだが、自動効果でセットされる「霧」は冥界のカードを使用する。冥界のカードが4枚以下の場合は効果の解決に失敗し、1枚もセットすることが出来ない。
  • 二つめの能力は(自動γ)であるため、セットされているカードが2枚以上ある限り、相手プレイヤーのスペルカード、またはコマンドカードの目標になった場合ただちにセットされているカード2枚を破棄し、そのカードの効果を無効にしなければならない。すなわち「破棄せず無効化しない」ことを選ぶことはできない。
    • もちろん、セットカードが1枚以下であるならば自動効果は適用されない。
  • スペルブレイクのルールの都合上一つ目の自動効果が適用される条件が単に「場に出た場合」となっているため、反転攻勢などで引っ張り出してきてもきちんと適用される。もっとも、その後「【壱符】を持つアクティブ状態の伊吹 萃香」を除外しなければ無意味だが。


関連