※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《勇み足》

No.372 Command <第五弾
NODE(1)/COST(0)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなたのデッキの上のカードX枚〕をスリープ状態であなたのノードに加える。Xは目標の〔攻撃を行っている相手キャラクター〕の攻撃力に等しい。

「姉さん、行っちゃダメー!」

Illustration:源五郎

コメント

ノード加速カード。
攻撃キャラクターの攻撃力分スリープノードを増やす。

グレイズ値に左右されず相手の攻撃に対してノードを増やせる為、プリズムリバーのようなグレイズ0相手にも反撃の糸口を掴める。グレイズも通常通り行えるのでアタッカーの性能によっては大量のノードを得られる。そのゲーム中にグレイズやマナチャージを行う必要が無くなる位ノードが増えることもあるが、デッキが大量に削れてライブラリーアウトの危険性もあるので気を付けよう。

Xは「攻撃を行っている相手キャラクターの攻撃力」で決まる。攻撃を受けたプレイヤーのダメージではない。防御していても使えるので、ブロッカーでダメージを凌ぎつつノードを加速させたり出来る。
ダメージを減殺しても増えるノードは変わらないため、マナシールドと組み合わせても良いだろう。

あらゆるアタッカーに対し一定のプレッシャーを与え得る優秀なカードだが、ノード加速カードとして見た場合相手に依存している点と、戦闘力や戦闘ダメージ自体をどうにかしているわけでは無い為汎用性に難がある。
いくら大量のノードを得てもそれを生かせるカードが手札に無ければどうしようもない為、その点はグレイズシステムより有用性が低い。
離反工作とのような、コストを要する対大型のカードでフォローしたい。

  • 元ネタは東方妖々夢の「メルラン暴走バグ」のようだ。
    • イラストやフレーバーテキスト的に、暗に「グレイズ0アタッカーであるプリズムリバー対策に使え」と言っているようにも見える。メルラン・プリズムリバーはグレイズ0の「プリズムリバー」の中で騒霊三姉妹チームを除くと最も攻撃力が高い。


関連