※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《嫉視する夜叉》

No.380 Command <第五弾
NODE(2)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔このカード〕は、あなたのノードが相手プレイヤーのノードより3枚以上少なくなければプレイできない。目標の〔キャラクター1枚〕を決死状態にする。

(自動β):
 〔このカード〕のプレイが無効にされた場合、〔相手プレイヤー1人の手札〕を全て見て、1枚を選んで破棄する。

「あぁ、妬ましい妬ましい。その余裕が妬ましい」

Illustration:ティルム

コメント

制限の付いたキャラクター除去カード。

相手よりノードが3枚少ない、と条件は厳しいが、それ以外に何の条件も無いコマンドカードで、しかもこのノード・コストでキャラクターを決死状態に出来るというのはかなり強力。
当然普通にコストを支払ったりなどしてノードを減らして撃つと除去後のフォローが辛い為、扱いには多少の工夫が必要となる。

またカウンターカードによって無効化された場合、そのまま情報戦の効果に変化するといういやらしいおまけが付いている。
キャラクターと手札1枚どちらが痛いかは状況にも依るが、少なくとも相手はこのカードを無効にする為に手札を1枚消費している為、カード取引としては1枚分の得になる。

  • プレイするためにはコストを支払う前の時点でノード差が3枚以上なくてはならない。逆に言えば、解決時に2枚以下であっても問題ない。
  • 思念の看破でこのカードをセットしてからプレイして自分で看破することで2ドローとハンデスが両方発生する。つまり強引な取引情報戦の2枚に変換したことになる。
  • 非常に間違えやすいが、このカードの名前は「嫉視(しっし)」であり「嫉妬(しっと)」ではない。


関連