※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《葉団扇》

No.382 Command <第五弾
NODE(2)/COST(2)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】

(自動β):
 「葉団扇」がセットされた場合、〔セットされたキャラクター〕をアクティブ状態にする。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘を行う場合、〔戦闘を行う相手キャラクター〕の持つ「先制」は
戦闘終了時まで無効になる。

「組織に属するってのは自分の意思だけでは動けなくなるって事よ」
(SP-45:「私は上司の命令でここを通すなと言われているの」)

Illustration:入穂(SP-45:茶葉

コメント

戦闘修正は無いが、セット時にセットキャラクターをアクティブ状態にする装備
また戦術先制を無効にする効果も内蔵する。

コマンドカード版の幻象『ルナクロック』。コマンドタイミングで使える代わりに必要ノードとコストが増え、さらに装備と相手キャラクターの先制無効効果が付いた。コマンドという意味では密命の亜種でもある。
再攻撃カードとしてだけ見ると装備であることがとにかく足を引っ張っており、神器ミニ八卦炉のような複数回攻撃したいキャラクターに付けたくなるようなカードとの共存が不可能。さらに同じキャラクターに複数回使うことも難しく、また幻象『ルナクロック』奇術『ミスディレクション』には魔法研究密命には未来予知というサーチカードが存在するが、このカードは未来予知でのサーチも不可能。再行動を可能にするカードとしてみると最も苦しい立場にある。

コマンドカードである為相手ターンにも使う事が出来るが、1枚のキャラクターに複数回防御させるだけならコストが安く奇襲にもなる密命が勝る。極限状態での生還法として覚えて置いて損は無いのではあるが。


よって、このカードを使うならば射命丸 文/10弾の効果を使うために投入するか、あるいは装備であるという面のメリットを活かす構築に頼る事になるだろう。
射命丸 文/10弾に関しては当該ページに譲る。
装備として使うのであれば最も有効な相方はナズーリン/10弾だろう。射命丸 文/10弾がこのカードを能動的に破棄できることもあり、アドバンテージを稼ぎやすい。また符ノ壱“魂魄 妖夢”の(自動β)でこのカードをセットすれば、プレイしたターンに即スペルブレイク可能である。
また他の類似カードにできない芸当として、符ノ弐“パチュリー・ノーレッジ”のような(相手ターン)を持つスリープ効果を1ターンで連続して使えることが挙げられる。
このようにしっかり利用法を考慮すれば4枚目以降の奇術『ミスディレクション』幻象『ルナクロック』密命に終わらないだけの価値は発揮してくれるだろう。

また相手キャラクターの先制を無効化する効果を持つ。
霧雨 魔理沙/1弾射命丸 文/5弾などとの戦闘に使えば効果的だが、性質上上記のアクティブ効果との併用は難しい。
先制を無効にしても戦闘力自体がどうにかなるわけではないので、結局は元々のスペックで勝っていないと「一方的に負ける」が「相打ち」に変わるだけに終わってしまうからである。
ただし、元々先制を持つキャラクターにセットした場合はこの限りではない。相打ち狙いで攻撃してきた場合などでは、こちらだけ一方的に先制のタイミングで攻撃でき、さらにアクティブ状態でキャラクターが一方的に残る展開になりやすい。即死も持つ魂魄 妖忌/9弾が持てば鬼に金棒。無論、このカードを効果でサーチ&セット出来る射命丸 文/10弾との相性も抜群である。
さらに第十弾では先制を持つキャラクターが豊富な種族:天狗デッキが台頭して来ている。このカードの価値もそれに応じて高くなっていくかも知れない。

関連