※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《闇符「ダークサイドオブザムーン」》

No.422 Spell <第六弾
NODE(3)/COST(1) 術者:ルーミア
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 維持コスト(2)

(自動α):
 〔「種族:妖怪」を持つあなたの場のキャラクター全て〕は「戦闘修正:+2/+0」を得る。この効果は重複しない。

古より災いの先触れとされて来た日食。暗黒面の中で、妖怪の真の力が解き放たれる。

Illustration:たこ焼き

コメント

ルーミアのスペルカード
種族:妖怪を持つキャラクターの攻撃力を強化する世界呪符

維持コストが2と重いため、術者によりコストを踏み倒したいところ。しかし肝心の術者であるルーミア/1弾が強化後も4/1と耐久力に難があり、場持ちしづらいのが問題。よって、戦線維持が可能なルーミア/7弾を採用してみるのもいいだろう。

が、たとえ維持できなくとも3ノード1コストで1ターンは全体強化となるため、怪奇『釣瓶落としの怪』などにより種族:妖怪を大量展開するデッキとは相性がよい。
他にも後天性変異で自分の場のキャラクター全ての種族妖怪に変更することで、あらゆるキャラクターを強化することが出来る。

また対象なため、古明地 こいし/5弾を強化できる数少ないカードでもある。

ただし効果は重複しないため、このカードを複数枚場に出しても得られる戦闘修正は「+2/±0」である。手札に2枚来ると片方が腐るのでデッキにこのカードを採用する場合、採用枚数はよく考える必要がある。
また、同じく全体強化カードの代表である神術『吸血鬼幻想』とは種族を吸血鬼に変更してしまうので相性が悪い。採用するキャラクターの種族により切り換えていこう。



関連