※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《幻惑「花冠視線(クラウンヴィジョン)」》

No.436 Spell <第六弾
NODE(2)/COST(2) 術者:鈴仙・優曇華院・イナバ
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

この干渉終了後、目標の〔キャラクター1枚〕は直ちに〔そのキャラクターのプレイヤー〕に攻撃を行う。

攻撃を受けたプレイヤーは、通常通り防御、及びその他の干渉を行う事が出来る。

催眠術で他者を意のままに操る。

Illustration:gisyo

コメント

鈴仙・優曇華院・イナバのスペルカード

要するに同志討ちを誘発させる効果である。
アクティブ・スリープの表示形式を問わず、その表示形式が変更されることもない。干渉で防御を行うキャラクターは通常通りスリープにしなくてはならないので混同しないよう注意。

相手の場に大型キャラクターがいる時や、先制を持つキャラクターがいる時に使ってやると面白いことになる。

人形を持つキャラクターは、人形(自動α)のため攻撃を行わせることはできない。

一応自分の場のキャラクターも目標に取ることができる。

  • 貫通などの「相手○○に戦闘ダメージを与えた場合」という効果の処理には注意が必要。効果について「相手プレイヤー」や「相手キャラクター」とはその発生源から見て判断するため、対戦相手のキャラクターにこのカードをプレイし解決した場合攻撃している先は(あなたから見れば「相手プレイヤー」であるが、そのキャラクターの効果上の扱いは)「あなた」となる。
    • 例えば相手プレイヤー(=a)の場の、禁忌『レーヴァテイン』がセットされているキャラクター(=A)を目標にあなた(=b)が幻惑「花冠視線(クラウンヴィジョン)」を解決した場合を考える。
      Aがaに戦闘ダメージを与えても、レーヴァテインの(自動γ)によるデッキ破棄は発生しない。何故ならばAがダメージを与えたaはAからみれば「あなた」であり「相手プレイヤー(=b)」ではないからである。
    • 戦術のうち、貫通隠密の場合、攻撃させられたキャラクターを防御するのは、攻撃キャラクターと同じ場のキャラクターであるため「相手キャラクター」ではない。したがって「相手キャラクターに~」で発生する効果である貫通隠密は発生しない。先制についてはこのような縛りはない。


公式Q&Aより

  • Q125.スリープ状態のキャラクターに「攻撃する」「攻撃を行う」という効果を解決した場合、スリープ状態でも攻撃が出来ますか?
  • A125.はい、出来ます。
    • コメント
      • 目標としたキャラクターがスリープ状態だったり、干渉でスリープ状態になるなどしても、攻撃を行わせることは可能である。

  • Q131.「No.436 花冠視線(クラウンヴィジョン) 」でアクティブ状態のキャラクターを目標にして解決した場合、そのキャラクターの攻撃をそのキャラクター自身で防御することは出来ますか?
  • A131.いいえ、出来ません。攻撃を行うキャラクターと防御を行うキャラクターは別である必要があります。(後ほどリファレンスの改訂を検討します)
    • コメント


  • Q132.「(対象のキャラクターは)攻撃する」という効果で、「人形」を持つキャラクターは攻撃を行うことは出来ますか?
  • A132.いいえ、出来ません。「人形」の攻撃を行うことが出来ないという効果が優先されます。
    • コメント
      • 「出来ない」という効果が優先されるため。
      • 秘術『グレイソーマタージ』などの「〔このキャラクター〕は攻撃を行うことが出来ない」という効果が適用されているキャラクターについても同様。


関連