※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ユキ》

No.484 Character <第七弾
GRAZE(2)/NODE(3)/COST(1) 種族:魔界人

(自動α):
 〔このキャラクター〕は、あなたの冥界にある名称が「マイ」であるキャラクターカード1枚につき、「戦闘修正:+2/±0」を得る。

(常時)0:
 〔あなたの冥界にある名称が「マイ」であるキャラクターカード1枚〕をゲームから除外する。その後、ターン終了時まで〔このキャラクター〕は「先制」と「貫通」を得る。

攻撃力(4)/耐久力(3)

「わたしたち二人を倒せると思ってるの?」

Illustration:gisyo

コメント

旧作「東方怪綺談」の4面ボス。
冥界にある相方の「マイ」の分だけパワーアップする効果を持つ。

素の状態では割高なグレイズなどそのスペックは心許ないが、「マイ」一枚に付き攻撃力が2点強化され、さらに「マイ」を一枚除外することで先制貫通という戦闘向けの戦術を獲得する事が出来る非常に攻撃的なキャラクター。
デッキから直接「マイ」を冥界へ送れる黄泉の舟とは特に相性が良い。攻撃力強化は自動効果なので干渉で使用しても効果がある為、警戒していない相手なら思わぬ大ダメージを与える事も可能となる。


ちなみにマイ/7弾とはエンパシーに対応しているが、相方のマイ/7弾と一緒に場に出てもシナジーは一切存在しない。氷雪の魔女チームを使う場合は話が違ってくるが。

  • 余談ではあるがユキの二つ名は「魔法使い」である。しかし、種族:魔法使いは所持せずに種族:魔界人のみとなっている。
  • 2013/04/03にテキスト修正を受け、参照するカードが「マイ」であるキャラクターカードに限定されてしまった。
    • 以前は幻術『マイナイフリカージョン』波符『赤眼催眠(マインドシェイカー)』マインドアミュレットにも対応しており、爆発的な攻撃力を得ていたのだが、大幅な弱体化を受けてしまったといえる。
      • このカードだけでなくこれらの「マイ」たちの大きな採用理由の1つでもあったのではあるが、フレーバー的にはあるべき姿に戻ったと言える。
    • 余談ではあるが、このカードのファンたちは、このカードの話題になったり新セットの頒布前になったりすると「次は符の弐「マイハートブレイク」の収録を」「いや、「凍符「マイナスK」だ」などといって笑い話の種にしていた。
    • その後、第十五弾凍符『マイナスK』は収録されている。


関連


※名称が「マイ」であるキャラクターカード