※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《河城 にとり》

No.490 Character <第七弾
GRAZE(1)/NODE(4)/COST(1) 種族:河童

(自動α):
 〔このキャラクター〕の攻撃力は相手プレイヤーの手札の枚数に等しい。

(自分ターン)(1):
 〔このキャラクター〕はターン終了時まで「隠密」を得る。

攻撃力(X)/耐久力(4)

「仕方がない、これ以上山に入るというのならその本気、確かめさせてもらうよ!」

Illustration:鍋島テツヒロ

コメント

河城 にとり/3弾のリメイクカード。
前回のゲーム加速能力に代わって、より戦闘向きな能力になった。

(1)払うことによって自前で隠密を取得できる。
種族:河童は「にとり」くらいしかいないので、大体の場合において攻撃が通るようになる。

だがその攻撃力が相手の手札枚数依存と、多少不安定ではある。
基本的に手札消費の激しいゲームであるため、大した攻撃力は望めないだろう。
彼女のスペルである河童『お化けキューカンバー』河童『のびーるアーム』によって相手手札を肥やしてやると長所が伸びる。
とくに後者とは起動効果を使用することでにとりの攻撃力を増やし、さらに威力を上げることができるシナジーがある。
相手の手札を増やしてしまうことは危険であるため、ルイズ/7弾などによって予防線を張ってやると後に響きにくい。
大将棋と組み合わせてやるとデッキアウト戦術も可能になる。

いずれにしろ単体では使いにくいカードである。

  • 自分のデッキが手札消費の激しいデッキであるならば水符『河童のポロロッカ』によって相手に多少のドローを許すものの手札を大量に補充することも十分に視野に入る。


関連