※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《藤原 妹紅》

No.506 Character <第七弾
GRAZE(2)/NODE(6)/COST(3) 種族:人間

耐性:幽霊

(自動α):
 〔このキャラクター〕に「命の灯」が3枚以上セットされている場合、以下の効果を使用する事は出来ない。

(常時)(1):
 この干渉終了時まで、〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、直ちにその決死状態を無効にする。その後、〔あなたのデッキの上のカード1枚〕をこのキャラクターにセットする。以後、そのカードは以下の効果を持つ呪符カード「命の灯」として扱う。
 「戦闘修正:+1/+1」

攻撃力(5)/耐久力(5)

「甦るたびに強くなる伝説の火の鳥。今宵の弾は、お嬢ちゃんのトラウマになるよ」
(PR.105:「肝試しの肝は富士の煙。月まで届く永遠の火山灰。不尽の火から生まれるは、何度でも甦る不死の鳥」)

Illustration:菊一文字(PR.105:SHO

コメント

藤原 妹紅/1弾のリメイクカード。
3回まで決死状態を直ちに無効にする起動効果を持つ。

決死状態への耐性が高いのは藤原 妹紅/1弾と同様だが、こちらは実質3回までという回数制限が課せられ、その度にコストが必要になっている分強力になっている。

決死状態になった場合、直ちに無効にできるため場を離れない。
呪符装備などのセットカードが運用しやすく、先制を持つキャラクターとの戦闘でも不利にならない上、除去を撃たれてもそのターンのアタッカーブロッカーとして働けるなどの利点に繋がる。

一方的に相手に破棄されてしまうということが少ないため、相手キャラクターの戦闘力にもよるがこのカード一枚で安定して相手のカードを1枚以上消耗させる事が出来る。

そして、無効にするたびに「命の灯火」がセットされ戦闘修正が増えて行く。
命の灯火が3枚セットされると起動効果は使用できなくなるものの、戦闘力が上がれば当然、火力カードや戦闘で決死状態になりづらくため、すぐ役に立たなくなるわけでは無い。

その高い安定性と単体でアドバンテージを得やすい性質から使い勝手の良いキャラクターとなるだろう。

ただしアタッカーとしては元々の戦闘力に多少難がある。
耐性:幽霊を持つ以外に有用な戦術も持たない。
起動効果は命の灯火が3枚セットされてしまえば使えなくなるし、その起動効果決死状態を無効にできるだけ、など、意外とスキはある。

符ノ壱“八雲 紫”などの除外や秘術『グレイソーマタージ』などの呪符恐ろしい波動などの破棄する効果など、決死状態にする以外にも多種多様な除去手段が揃うこのゲームにおいて除去耐性としてはあまり頼りに出来ない。
相手に除去カードのプレイを許すような局面での過信は禁物である。


公式Q&Aより

  • Q224.「デッキの上のカードを場にセットする」という効果は、裏向きのまま場にセットするのですか?
  • A224.はい、特に指示のない場合は裏向きのままセットします。
    • コメント
      • このカードには玉兎/5弾のように「裏向きにし」という記述がないが、そもそもデッキのカードは裏向きであるため、特に指定がなくとも裏向きのままセットする。


関連