※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《闇符「ディマーケイション」》

No.512 Spell <第七弾
NODE(3)/COST(1) 術者:ルーミア
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

目標の〔プレイヤー1人〕は自分の場のキャラクター1枚を選んで決死状態にする。

暗闇の中で受ける急襲に、また一人倒れていく。

Illustration:えう

コメント

ルーミアのスペルカード
嫉視する夜叉に次ぐ低ノード・低コストの除去。

同じくキャラクター決死状態にするスペルカードである死符『ギャストリドリーム』と比べると、下記のような違いが有る。

ただ、「軽さ」というアドバンテージは術者がいればなくなるものだし、「自分で選べない」ことも相手の場にキャラクターが1体しかいなければデメリットにはならないため、上位・下位互換の関係ではない。
使い方が異なるカードであるため、デッキにあわせて運用したい。

  • 目標は〔プレイヤー1人〕であるためあなたを目標にすることもできる。
    • 自分のキャラを意図的に決死状態にすることで何かしろのコンボを行うことも可能か。
  • 選ぶ「自分の場のキャラクター1枚」は〔〕に囲われていないため「対象」ではない。


公式Q&Aより

  • QA-229.No.512 闇符「ディマーケイション」の効果で、「スペルカードの効果によって決死状態にならない」効果を得ているキャラクターを決死状態にするキャラクターとして指定する事は出来ますか?
  • A.はい、出来ます。
    • コメント
      • 裁定が訂正されている点に注意。
        「決死状態にならない」キャラクターに「決死状態にする」効果を適用しようとすること自体に問題はない。無論、決死状態の解決に移ることはないが。


関連