※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《秋符「オータムスカイ」》

No.520 Spell <第七弾
NODE(2)/COST(2) 術者:秋 穣子
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 このターンのメインフェイズ終了時、〔あなたのデッキの上のカードX枚〕をスリープ状態でノードに加える。Xはこの効果でノードに加える時点で、相手プレイヤーのノード枚数からあなたのノード枚数を引いた値に等しい。但し、Xは0以下にはならない。

何奴秋に至る。馬肥え弓勁し、即ち塞に入る。~何奴伝

Illustration:茶葉

コメント

秋 穣子のスペルカード

自分のノードの枚数を相手のノードの枚数と同数にする。よってノード差があればあるほど、一気にノードを溜めることができる。
ただし、新たに追加するノードは全てスリープ状態なのでこのままではあまり長持ちしない。

術者である秋 穣子/3弾とは特定の条件下ではあるが1ターンに1枚だけアクティブにできたり、術者が同じである豊作『穀物神の約束』とはライフポイントを5払って全てアクティブにしたり、微妙なシナジーがある。

また、ノード差があればあるほどデッキも消費しやすいので相手の戦い方にも注意したい。

原作の上位版である秋符『秋の空と乙女の心』同様、戦況によって効果の大きさが激しく変動する。しかし、このゲームにおいて 秋符『秋の空と乙女の心』 とのシナジーはこれといっては見られない。


関連