※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《厄符「厄神様のバイオリズム」》

No.521 Spell <第七弾
NODE(2)/COST(1) 術者:鍵山 雛
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】

(自動α):
 〔あなたの場のキャラクター全て〕は「戦闘修正+X+X」を得る。Xはそのキャラクターにセットされている「厄」の枚数に等しい。

(自動γ):
 スペルカードがプレイされ、その効果が解決された場合、〔あなたのデッキの上のカード1枚〕を目標の〔あなたの場のキャラクター1枚〕にセットする。以後、そのカードは以下の効果を持つ呪符カード「厄」として扱う。
 「(自動α):
   「厄」が3枚以上セットされているキャラクターは破棄される。」

微量な厄は精神を高揚させる。

Illustration:三日月沙羅

コメント

鍵山 雛のスペルカード


自分の場の全てのキャラクターが、そのキャラクターにセットされている「厄」の数だけ戦闘修正+1/+1を受ける。
調整が可能であるため、+2/+2もできれば+1/+1にもできる。
決して場にある「厄」の数だけ自分の全てのキャラクターに戦闘修正+X/+Xするわけではないので、注意しよう。

疵痕『壊されたお守り』によってセットされるのも「厄」であり、+1/+1修正の対象となる。

スペルカードの効果が解決された場合、強制的に「厄」をセットしなければならないため、自分の場のキャラクターが少なければ少ないほど扱い難い。自分の場の全てのキャラクターに2枚「厄」がついている状況では、自分がスペルカードを使わないようにしていても、相手プレイヤーがスペルカードをプレイし解決すれば1体は破棄せざるを得なくなる。

公式Q&Aより

  • Q224.「デッキの上のカードを場にセットする」という効果は、裏向きのまま場にセットするのですか?
  • A224.はい、特に指示のない場合は裏向きのままセットします。
    • コメント
      • このカードには玉兎/5弾のように「裏向きにし」という記述がないが、そもそもデッキのカードは裏向きであるため、特に指定がなくとも裏向きのままセットする。


関連