※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《妖雲「平安のダーククラウド」》

No.539 Spell <第七弾
NODE(4)/COST(2) 術者:封獣 ぬえ
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 維持コスト(1)

(自動β):
 〔このカード〕が場に出た場合、〔あなたの冥界の上のカード1枚〕を裏向きにして、〔このカード〕にセットする。

(自動γ):
 〔あなたの場のカード〕が相手プレイヤーのカードの効果の目標になった場合、〔このカードと、このカードにセットされているカード〕を公開し、〔相手プレイヤー〕は無作為に1枚選ぶ。その後、選んだカードが「平安のダーククラウド」以外のカードだった場合、〔あなた〕は〔あなたの場のカードを目標にしているカードの効果1つ〕の目標を、任意で変更できる。但し、この効果では不適正な目標に変更することは出来ない。

源頼政が御所に向かうと、東三条の森の方から黒雲が沸き
立ち月夜を覆い、奇妙な鳴き声が響き渡った。~平家物語

Illustration:日向あずり
エラッタ@2011/04/16

コメント

ぬえのスペルカード
ランダム要素を含む目標変更効果持ち世界呪符。

(自動γ)により、目標を変更する。
こちらの場のカードが相手プレイヤーのカードの効果の目標になったときに発生する。
目標変更ができる/できないは、セットカードを利用してランダムに決まる。
ダーククラウドとセットカード全てを公開状態にし、相手プレイヤーがその中から1枚を無作為に選択。選択したカードがダーククラウド以外であれば、あなたは目標を変更することができる。なお、不適正な目標には変更できないため、状況によっては意味が無いこともある。

カード単体では(自動β)で1枚がセットされるだけなので、通常、変更できる確率は二分の一。
鬼火『超高密度燐禍術』などでセットカードを増やせば変更可能な確率は上がる。

  • テキスト修正により、セットカードが何枚だろうがダイスなどを用意しなくても無作為選択し、元の状況に戻すことがが可能になった。手順は以下のとおり。
    • 全てのカードを公開→裏向きにしてシャッフル→1枚選択→その1枚を表向きにし確認→全てを表向きにし、元の順番通りに並べる→ダーククラウドのみ表のままにし、他のカードは元の裏向き状態に戻す

関連