※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《仕込み芸》

No.561 Command <第七弾
NODE(4)/COST(1)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔相手プレイヤー1人の冥界にあるカード3枚まで〕を選んで任意の順番でデッキの上に戻す。

「大物で大逆転よー!」

Illustration:茶葉

コメント

相手の冥界からカードを3枚まで抜き出してデッキに戻してしまうドロー操作&冥界利用メタ系のコマンドカード

相手のドローに合わせてこのカードで干渉すれば、冥界にあるゲームの状況上あまり要らないカードを引かせることができる。
相手の冥界を参照したカード効果に干渉すれば、その効果の解決の失敗を狙える。その他、うまくかみ合えば相手のセットカードを利用したコンボの妨害もできるかもしれない。
しかしドロー妨害はマナチャージで軽減できる上に、冥界利用の妨害も目標のカードを後で相手が手札に加えてしまう。冥界利用対策だけが目的ならば無縁塚の方が汎用性も高く、再利用される心配も少ない。

ある程度の汎用性はあるが、そこは所詮その場しのぎの仕込み芸。ノードも高く効果が薄いのが悩みどころ。古明地 こいし/9弾死符『死者選別の鎌』とコンボしてみるのもいいだろう。

  • 元ネタは「東方儚月抄 ~ 月のイナバと地上の因幡」に登場した釣りのお話。釣れない輝夜のフォローにてゐがメザシを投入した1コマ。カード効果も相手プレイヤーの釣り上げるカードをある程度操作するというものである。


関連