※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
お待たせしました!!(…って、誰も待ってないか?)
Guitar-Cafeの第2弾はこのオテンバ娘"Gibson Les Paul standard cherry sunburst"の登場です。
この娘との際きあいはかれこれ30年になるのかなぁ…ホントに長いんです!まだまだ俺がケツの青いギター小僧だった頃(未だに青い?)、当時大阪市内南部で有名だった某楽器店に入り浸っては、ガラスケースの中で俺を待つこの娘を見つめながら"必ずこの手で抱いてやる!"…じゃなくて"弾いてやる!"とアルバイトに励んだものでした。

学生時代の俺を知る人なら、ストラト系やテレキャスを弾く今の俺の姿はあまりイメージにないんだろなぁ…そう!当時はこのオテンバ娘一筋だったもんなぁ!
しばらく休ませていたこの娘を2004年のライブで久々にステージに上げた時はあらためてこの娘の底力を感じたなぁ…
そう言えば、あのSASの桑田佳祐氏もNew Albumで"恋するレスポール"なんていう曲を歌ってたっけ…!うん!やっぱり良い逸品(モノ)は良い!!
My Jr.が将来ギター弾きになっても絶対譲らない逸品です。

カテゴリ: [ブログ] - &trackback- 2006年02月09日 22:16:45

#blognavi