※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
牛乳飲みましょ、ヨーグルト食べましょ、スライダーズ聴きましょ、
Three A Day ,Three A Day ,Three A Day !
やなせたかし先生作のぶっ飛びキャラも歌い出す、乳製品促販ソング。

入れましょ、入れましょ、スライダーズも入れときましょ。

本日は2月のトラグラ練習だったが、一番の楽しみはスライダーズのCDをTOMMYから借りること!
やっぱ良いっすわ~。

冷静に聴くと、歌詞なんて紋切り型でかなり恥ずかしいロケンロールソングやし、コードも簡単、ストーンズまんまやし。
普通恥ずかしくてやれないくらいのストレートなロケンロール。

それが強引な格好良さにつながる奇跡のバンド、THE STREET SLIDERS。
当時はバンドブームとかいって、説教臭い元気バンドとかクソバンドがうじゃうじゃいたもんだけど、スライダーズはかなり異色だった。
クサいといっても良いほどの歌詞を格好良く聴かせる、ヤサぐれたハリーの声に心酔しておりました。
若いのう。
それとか、インタビュー記事見ても、インタビュアーばっかり喋って肝心のメンバーは「・・・・・・」だらけの記事だったのも、好もしかった。
で、絶対に友達にはなりたくないタイプってとこも格好よかったなぁ。
ロケンローラーになるには、目に見えない資格が必要なのだ。
早い話が、普通の社会人には絶対なれないってことなんだけど。
社会ルールのキワキワに居てる人たち。

そういや、近頃こういうバンドがいない。
かつてのブランキーとかドラゴンアッシュなんてそんな匂いがするけど。
あと、イエモンの吉井くんもモロそんな感じ。
身近に居たら大変な感じの人ばかりだ。
チンピラとも違う。
「あちら側の」人たち。
どちらにしてもロケンロールは、この世の果てから鳴っている感じが欲しい。
いうなれば「キワキワ感」。
それが全てというわけでもないけど、今のロックバンドは退屈。
飽和状態なのか。寂しいなぁ。
元気なのはヒップホップの人たちやし。
それとも、俺がオッサンになったということなのか。
若けりゃ、かったるくて絶対ロックバンドなんてやらないけどなぁ。
ヒップホップなんて、気持ちいいくらい破壊力あるもんなぁ。

あ。
オッサンになっているのか、やはり。
いやいや、最近はヒップホップも良く聴くと説教臭い、センスのないやつがいるな。
嫌な傾向だ。
優れた歌詞は俺達を感動させるが、説教や説明になった瞬間に歌はゴミに変わる。

それにしても、正しい青少年はこういう音を聴いて大きくなるのだ。

しかし、しかし・・・・
きゃーっ、殺せーっ!!!
かっくいーっ!!!

Tommy サンキュー!
久しぶりに、格好付けてギター弾きたい気になるぜ。


カテゴリ: [ブログ] - &trackback- 2006年02月19日 22:41:07
  • take-voくんはスライダーズのどの曲が好きですか?ぼくわ、1.So Heavy 2.野良犬にさえなれない 3.道化者のゆううつが、一番好きれす。   スライダーズの詩(あえて詞ではない。)はきわめて散文的で叙情的だと思う。当時も、今もこれほどクオリティの高い詩を歌っているロックバンドを私は他に知らない。あえてあげるとすれば、ちょっと毛色は違うけどZELDAかな。 -- tommy (2006-02-20 21:56:14)
名前: コメント:
#blognavi