※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
今レッスンしている生徒のうち 男の子は8人
それがうちの教室のちょっとした自慢
先生仲間にきいてもたいがい1人か2人か 全員女の子っていうのも珍しくない
昔ほどではないけどピアノ習ってる男の子は 女の子に比べてやはり少ない
クラシック、ジャズを問わず有名ピアニストや 弾き語りをするシンガーは男性の方が多いと思うのに、習い事でピアノというと こんな時代でも「男のくせにピアノなんか・・」とからかわれるらしい

男の子のレッスンは ちょっと気合がはいる
4、5才の子は ピアノの椅子にずっと座らせるのは無理
1回弾いては走り回り、また弾いては走り回り・・・
同じことを繰り返しさせるのは絶対無理
だけど気に入ったことはそればっかり 他のことはやってくれない
こっちは生徒がその時興味の向いた方向に合わせて行くしかない
お手本通りにきちんとできるとうれしい お利口な女の子に比べて
興味のないことは自分とは関係ない男の子 数倍エネルギーを使う

小学校低学年ぐらいになると 練習熱心な女の子は練習メニューを毎日まじめにこなし、教則本が当たり前のように進む
男の子はあまり根気のいることは苦手
気に入ってる曲と いやいや練習した曲がすぐにわかる
一つの曲の中でも 気に入った部分があるとそこだけやけにノリノリ、弾けてない所はまあそのうちできるよ ってな具合
だから教則本はなかなか進まなくて・・・

毎年発表会の曲は 普段の教則本よりはるかに背伸びをさせて
女の子に負けない映える曲を!

張り切って練習は普段の倍以上やってくるものの
テクニックが追いつかず 毎週悪戦苦闘のレッスンが続き
一週間前ぐらいにあきらめモードになる
あぁ あそこが・・・ここが・・・苦労したあそこも・・・
この子にやはりこの曲は難しかったか・・・
いや 何とかここまで頑張れたんだから この選曲はよかったんだ
本番でどんなことがあっても いっぱいほめてあげよう

さて 本番のステージ 舞台袖で ハラハラ ドキドキ・・・

うん!?今日はノってるなぁ・・・いつもよりテンポはやいよ~
でもミスを気にせず伸び伸びしてる
失敗もあったけど こんなにうまくいったの初めてやん!
横に私がいないせい??

男の子のピアノは聴いていて、見ていて楽しい
応援したい気持ちで見てるから? いやなんか聴き入ってしまう
男の子のピアノは何かが違う 音?音色?リズム感?テンション?個性?
何かパフォーマンスがある
雑な所がいっぱいあるのに 何かひきつけられるものがある
コンクールでもきらっと光っていて上位に入るのは男の子
血のにじむような練習を積み重ねた努力型の女の子が 涙をのんだりする
そんなハイレベルではなくても うちの生徒でも
お客さんの印象に残るのは 不思議と男の子
立派な演奏をする女の子でも なぜか「言われた通りに弾きました」っていう感じになる
男の子も確かに教えたとおりなんだけど なんか自分のものにしちゃってるっていうか・・・

発表会が終わって「こんなしんどい練習いや!」「もうピアノやめる!」ってことにならないか心配するのだが・・・
来年はあんな曲がいい と またまた実力以上の曲を弾きたいと・・・
学校の音楽発表会のパートわけではピアノに立候補 えーっ!ひとりしかいないし 
ピアノ伴奏がこけるとみなこけるの わかってんの?

教則本はいっこうに進まないのに なぜか自信だけはついてくる
こんな指導でいいのだろうか・・・(笑)

でも意欲だけは育ってる
音楽することが楽しいの? それとも「ピアノを弾ける自分」が好き?

大人になったら もっと楽しいよ!!
永く続けてほしいな~!

今 ほんとに毎日のレッスンが楽しい





カテゴリ: [ブログ] - &trackback- 2006年11月24日 11:17:06
名前: コメント:
#blognavi