つくバスケ@Wiki バスケ抄録

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保健体育レポート「NBAはなぜ人を惹きつけるか」 抄録


1.バスケットボールおよびNBAの歴史

バスケットボールは1891年、ジェームズ・ネイスミスによって考案。
初の公式試合は1892年1月20日。
世界初のプロバスケットボールリーグNBLが1898年に設立。
1946年の6月6日にBAAが設立、1949年にNBLと統合しNBAとなる。
1967年にABAができるも、NBAがスター選手をひきつけると衰退


2.NBAのシステム

NBAは30チームで構成されている。
11月~4月末までレギュラーシーズンの82試合を戦う。
オールスターゲームが1月~2月頃に行われる。
主な収入はチケット代金、TV放映料、スポンサー料、ライセンス料。
近年増える外国人選手は、海外からの収入目的と宗教・文化の壁を打ち破り発展するバスケットボールの世界のトップリーグである証。
NBAの人気はスター選手の活躍による熱狂が大きい。
選手の年俸は平均700万ドル。最低40万ドル、最高2000万ドル程度
NBAプレーヤーは大学で育つ。大学で教わり、ドラフトで入団


3.NBAのルール

ゲームは、よりスピーディーにエキサイティングに行われるべきだ、また正しく行われなければならないという考えに基づくルール。
国際ルールと違う独自のルールがある。
24秒ルールはNBAが最初に制定したもの。
Ex)守備三秒ルール、フリースローレーン、スリーポイントライン
一時期はダンクを禁止していたが今ではNBAの大きな魅力のひとつとなっており、オールスターではダンクコンテストが行われる。
NBAは、二年くらい毎に細かなところでルール改定が行われていく。
より面白い試合を提供するために、常に進化し続けるスポーツである。


4.NBAの経済効果

ゲームがある時、スタジアムに人が集まることにより地域が活発になる。
Ex)食事代、宿泊代、グッズ購入、お土産代
スター選手の存在による効果は大きく、マイケル・ジョーダンはコカ・コーラや、ナイキの「エア・ジョーダン」シリーズのCM等、合計100億ドルの経済効果をあげたといわれている。今日ではレブロン・ジェームスの人気でジャージなどが売れている。






コメント

  • B5だとこのくらいの量になります。とりあえず簡単にまとめてみました。 -- 文 (2006-02-17 23:21:21)
  • 完璧ですね。どうもありがとう。 -- CAP (2006-02-18 14:24:35)
  • 詳しい説明ありがとうございました!! -- 空 (2006-11-30 21:19:16)
名前:
コメント: