伊集院光Wiki「Ijupedia」 人間失格

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人間失格

にんげんしっかく

(名)太宰治の小説。伊集院が中学の時に読んで感化され、自分の過去の写真を全てこの世から消した。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。