伊集院光Wiki「Ijupedia」 七重の腰を八重に折り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七重の腰を八重に折り

ななえのこしをやえにおり

(慣, 94)ひたすら頭を下げ、丁重にお願いする。なかなか呼べないゲストを呼ぼうとする時や、交渉相手に渋い顔をされた時の他、謝罪する時にも用いられる。