※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユニゾンリーグには現在5つのクラス系統があります。
「ソルジャー系」「ランサー系」「アーチャー系」「メイジ系」「クレリック系」
の5種類です。



特徴

HPが最も高く耐久性に優れるのクラスであるソルジャー。
使い方としてはアビリティ「スマッシュ」や「献身の撃」を使って相手の敵視値を上昇させ味方の盾となるのが主なクエストでの役割。

他のゲームの影響などで初心者はよくこのクラスを「攻撃面と防御面のどちらもそつなくこなせる万能なクラス」という風に
勘違いしてしまう初心者がかなり多い様子。
あくまで 味方を守るサポートタイプのクラス だということを忘れないように。

現在の環境では 最弱クラス に位置しソルジャーの役割が発揮出る場面も序盤ではほとんどないので
はっきり言うと 初心者非推奨 ではある・・・が、しかし
将来的に見て味方の盾となりサポートをするソルジャーに魅力を感じるというのであればソルジャーを選択し貫くのも断然あり。
普通のアタッカー系の装備コストの振り分けと少し異なるのでコスト振り分けは慎重に行うこと。

特徴

物理攻撃力に特化したクラスのランサー。
ゲームを進めるにあったって現在では一回のアビリティで与えるダメージはアーチャーに劣ってしまうものの
ボタンを押してからの攻撃の出の速さは全クラスで最も早いので敵のHPがあまり多くないギルドバトル(対人戦)では
数人で1人を集中狙いすることでアーチャーやメイジを行動前に封殺することができる。
一定時間、両防御が大幅低下してしまう「ブレイク状態」にもしやすく非常に攻撃的なクラス。

公式では「守りを捨て」と書いてあるがHPは二番目に高い。
さらに装備の関係上、火属性モンスターを多めに入れることになり、
火属性モンスターは 物理攻撃と物理防御 のステータスを上昇させるので案外耐久面は並である。

全体的にクセが少なく扱いやすいので 初心者オススメ のクラスである。
攻撃的なクラスが好みの方にオススメ。

特徴

公式ではバランスタイプというコンセプトだが現段階では実際のところ装備次第で最強の火力職へと化ける。

グロウスリングにより覚えるアビリティは物理攻撃と魔法攻撃のどちらも覚える。
現在では「サークルストライク」とその系統のアビリティを使うアーチャーがほとんど。
「ポイズンアタック」や「チャージショット」の系統の技は「サークルすないぷ」の系統のアビリティと比べると
あまり威力も出ず使っているアーチャーは上位になるほどいなくなる…というより「サークルスナイプ」系統のアビリティが強すぎる・・・。

ただしランサーやメイジを超える火力を出すにはアーチャーの場合「円狙撃の心得」や「致命撃の証」といったスキルを持った装備を多めに装備する必要がある。
そのためゲーム序盤はランサーやメイジよりダメージ効率があまりよくない。

アーチャーで火力を求める際、風属性のモンスターを多めに入れることになり風属性モンスターは 「物理攻撃」と「魔法攻撃」 を上昇させるため
両方の防御ステータスが全く上がらないので火力型アーチャーはまさに諸刃の剣とも言える。
火力型アーチャーは高い魔法攻撃力を持つので場合によっては回復アビリティを持つこともあり得る。
ギルドバトルやコロシアムなどでは「世界樹の癒し」によるサポートもでき器用なクラスでもある。

クラス特性は「帽子」と「服」のステータス上昇のため、序盤に所持している装備のスキルが不十分な場合、スキルを気にせずすべての武器を持たせても問題がない。
優先的に装備すべきは「致命撃の証」や「円狙撃の心得」、「物理攻撃の証」、「魔法攻撃の証」がついた装備だがそれ以外の装備は
物理攻撃と魔法攻撃が同じくらいになるように調整しながら装備するのが望ましい。

序盤、武器に幅が利くという面では初心者オススメのクラス。

特徴

ランサーが物理攻撃特化なのに対し魔法攻撃力が最も高いメイジ。
しかしランサーのよりも対人や高耐久の敵に対しての戦闘はアビリティの性質上劣ってしまうが
範囲攻撃の安定感は最も高いので雑魚敵に対しての殲滅力はトップクラス。

装備モンスターは主に魔法攻撃と物理防御を上げる光、魔法攻撃と魔法防御を上げる闇を装備することになるため
ランサーと比べるとモンスターの選択肢も多く物理防御も魔法防御もバランスをとりやすい。
HPは全クラス中、最も低いので少々打たれ弱い。

魔法攻撃力が最も高いので回復アビリティの効果も高い。

ランサー同様初心が扱っても大丈夫なクラス。

特徴

公式の説明通り回復アビリティを使い味方を回復させるのがクレリックの役割。
クラス特性に回復力上昇効果があるので他のクラスと魔法攻撃力と魔法防御力が同じ数値でも
クレリックのほうが回復量が高くなる。 (回復力は魔法攻撃力と魔法防御力に依存。)

HPは5クラス中で2番目に低い。
装備コスト振り分けはアタッカーのような振り分けではなくソルジャーのような頭装備や体装備にそれなりに降っていく必要がある。

高難易度のクエストでは基本的にクレリックが必要になるのでやりがいのあるサポート系クラス。
しかし序盤やメインクエスト等では回復が必須というわけではないのでストーリーを進めたり自身を強化することは少々難がある。
クエストに入ったとき他のユーザーとマッチングしなかったときCPUの冒険者に敵を倒してもらうか
クレリックの攻撃アビリティ「天使の裁き」、「女神の裁き」をセットし戦う必要性がある。
クレリックと同時にアタッカー系クラスの育成もすると進めやすくなる。
お勧めの同時進行のクラスはステータスの関係で光属性と闇属性のモンスターをクレリックは多く使うためメイジとの相性がいい。

アタッカー系のクラスよりサポート系のクラスが好みのユーザーは現在の環境ではソルジャーよりクレリックのほうが
やることがわかりやすいためクレリックのほうがおすすめである。

クラス別の相性関係

対人戦時にはクレリック以外のクラスには特定のクラスに対して攻撃系アビリティの威力がアップするといった「クラス特性」を持っているため相性が存在します。
相性は下の画像のように「ランサー>メイジ>ソルジャー>アーチャー>ランサー…」となっている。