|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

【沖縄決戦2:市街地防衛部隊撃破戦】

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mission1103【沖縄決戦2:市街地防衛部隊撃破戦】
海上都市の市街地を舞台に繰り広げられる戦闘をイメージしたミッション

舞台としてはサード・エマ編の海上都市上層部辺りでしょうか。

敵コンセプトはもちろん『地獄の壁』
これが出したいがためにわざわざパイロット型トライアルシリーズなんていうものを出したんです。
つまり、正確には装備は地獄の壁と同等のものを持っていますが、
パイロットは地獄の壁の過去データと人間とアンデッドの細胞から作られた
限りなく地獄の壁と同じ技能を持ったトライアルです

まぁ、物真似部隊だと割り切ってしまったほうがわかりやすいかもしれませんが

また、このミッションでは通常二桁ぞろ目の強化版としてイメージされる三桁以上ぞろ目に対し
特別な被弾内容を用意すること実施。
これはイメージを沸きやすくさせることを目的としています。
敵部隊の特徴的な一撃を手軽に出せるのもいいですしね。


非常にどうでもいいことですが、スレの状況説明の台詞『死に損ないを墓所へ送り返すぞ』の
『死に損ない』はアンデッドと読んでもらえるとうれしいです。
死な(デッド)ない(アン)からアンデッドなのではない
(まだ)、くたばって(デッド)ない(アン)からアンデッド=死に損ない



地獄の壁
第64機動戦隊、すごく物々しく出てきたこの部隊は、初代においては1ミッションで撃破
(1stのU.S.N.側においてある程度の復権を果たしますが)
というすごいんだかすごくないんだかわからないですが、印象深い特殊部隊ですね
以降さまざまな特殊部隊が出てきますが
セカンド:ダークギース
サード:快速反応部隊、呉龍、パープルへイズ
フォース:ブラウネーブル
フィフス:ストライクワイバーンズ、バーゲスト

この部隊以上にインパクトのあるものはないと思います
やはり色の統一と、広く軍内に知られていること、特注機であること
といった要因があるのでしょうか?

フロスト
地獄の壁といえばフロスト
フロストはそれまで機動力ばかりに着目されてきたヴァンツァーに対し
装甲という概念を付加したことで知られる名機です。
さらに、パンチ(打撃)がヒットすると上腕部機構で捻りが加えられるという
独特の内部打撃機構が存在することも有名な話です。
しかし、フロスト以降のヴァンツァーの発展によって装甲が進化した最先端のヴァンツァーには
汎用性のあるハンドマニュピレーターだけでは有効打が望めなくなり
こうした内部打撃機構が次第に姿を消していったのは皮肉な気がします。
もっとも、後世においても汎用性を排除したパンチ専用の内部打撃機構を有したアームが存在し、
有効となりえることはフィフスにおいて表現されていると考えています。(グラップル、ダスラークロウ)

フロストはこうした装甲重視の機体設計、内部打撃機構による接近戦での
格闘攻撃といった画期的な構造から
後の格闘により敵を撃破するというストライカーというジョブ・戦術の発生
そしてその戦術に特化した機体の開発にまで寄与したと考えています。
つまり、すべてのストライカーの原点であり、機能細分化の魁ではないかとも思います。
こうして考えると機体一つにも思い入れが沸いてこないでしょうか?


 個人  Database
 機体  Machine
 部隊  Team
 兵装  Arms
 スキル  Skill
 用語辞典  Dictionary
 外務情報  Info
 デュエル  Duel

 編集方法  @wiki

 目安箱  Contact
 リンク  Link



  Total -
  Today -
  Online -

  since2006.5.10