|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

O.C.U.戦争


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『マハーカル戦争』とも

マハーカルの海域の地下に存在するレアメタルの鉱脈の利権を争い、始められた戦争.
O.C.U.はマハーカルの海域にあるレアメタルの鉱脈がO.C.U.の海域まで繋がっていることを示唆、その権利を主張した。
しかし、マハーカル側はそれを早計であると声明、あくまで鉱脈の採掘権はマハーカルにあると主張した。
この論争は両者一歩も引かず、両国の関係は悪化の一途を辿った。
この状況を打開するために両国の穏健派がO.C.U.シンガポールにて会談。これによって両国間の関係改善、及び対話の進展が図られるかと思われた。
しかし会談当日、爆破テロにより会談に参加したマハーカル・O.C.U.両国を合わせた全12名が死亡するという事件が起きた。
穏健派を一度に失った両国はこのテロを互いに相手国側の陰謀だと発言。そのまま一気に戦争へと突入していった。

開戦当初、圧倒的な軍事力の差に圧倒されたマハーカル軍だったが、第七独立機動戦隊の活躍により、敵の進軍を食い止めることに成功。その後、数々の新型兵器を導入。また第七独立機動戦隊をはじめ、各独立機動戦隊が各地で快進撃を開始。一気に戦況を覆した。
これに対し、O.C.U.側も戦場に新型巨大機動兵器を投入、巻き返しを図った。しかし、マハーカルは第七独立機動戦隊の電撃的突撃作戦でこれを撃破。戦況は再びマハーカルに優位な方向に傾く。

その後は、物資の尽きたマハーカルと、決め手を欠いたO.C.U.の両陣営で疲弊の色が濃くなる。そのためO.C.U.はマハーカルにO.C.U.加盟を条件にこの戦争の終戦を勧告。これ以上の戦争は不利益と判断したマハーカルもこれを受け入れ、この戦争は終結した。


 個人  Database
 機体  Machine
 部隊  Team
 兵装  Arms
 スキル  Skill
 用語辞典  Dictionary
 外務情報  Info
 デュエル  Duel

 編集方法  @wiki

 目安箱  Contact
 リンク  Link



  Total -
  Today -
  Online -

  since2006.5.10