|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メーヴェ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空戦バックパック メーヴェ(Möwe)

シュネッケ社、ドラッへの開発陣がソサエティの依頼で試作したバックパック
通常サイズでMULS-P規格のWAPには無加工で装着可能。
ただし一部の肩部形状が特殊なWAPには適合しない。

外観はジェットパックを大型化したような基部に、逆ガル翼の翼面。
翼下には増漕タンクや30mm機関砲を装備可能である。

空戦バックパックと銘打ってはいるが、本格的な空戦用ではない
あくまでジェットパックの延長として戦闘ヘリ等に対抗する手段である。
よって、飛行中は滑空に近い形での飛行となる
上昇や離着陸の際に、最も燃料を消費する。
離着陸には相応の距離と平坦な地形が必須である。

燃料タンクにはインテグラル式タンクを採用。
これは主翼の表面が燃料タンクの外面を兼ねているため、燃費の悪いメーヴェには
ピッタリの選択だったと言える。
しかしながら被弾にとても弱く、機銃弾を数発浴びただけでも発火する危険性を孕んでいる
これら本体部分だけの燃料でも数十トンあるWAPを飛行させるには足りず
やむなく増漕を装備することを前提とした仕様になっている。
上記の理由から翼の折り畳み機構なども無い。
格納スペースの確保も運用上の問題の一つと言える。

コスト面や耐久性などの問題が多数残るのが現状だが
過去のWAP用ブースターと違い、使い捨てではなく再利用を視野に入れている
ただ単に燃料さえ補給すれば何度でも使用可能である。

不要になったり被弾で使用不可能になった場合はWAPからの操作でパージ可能。
地上でWAPの脚部にかかる負担はかなりの物になると推測された為の配慮である
当然ながらメーヴェを装備するWAPは、軽量、軽武装のものが望ましい。

空中で被弾した場合、パラシュート等が内蔵されていないため、非常に危険。
WAP側で強制排出が起こった場合も同様である。
試作品ゆえに乗り手の安全まで完璧に配慮された代物ではない。
製品化されるまでには相当の改良が必要と思われる。

武装:30mm機関砲×2


 個人  Database
 機体  Machine
 部隊  Team
 兵装  Arms
 スキル  Skill
 用語辞典  Dictionary
 外務情報  Info
 デュエル  Duel

 編集方法  @wiki

 目安箱  Contact
 リンク  Link



  Total -
  Today -
  Online -

  since2006.5.10