|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

マッケンジーの反乱

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マハーカルのO.C.U.加盟に反対する将兵が起こした反乱、というのは表向きの話。
真の狙いはf型バックパックの破壊、反乱圧力の開放だった。
実質的にこれに参加した将兵はわずか、暴れたヴァンツァーは全て無人機である。

この作戦は当時f型バックパックを所有していた各独立機動戦隊、その隊長達の間で決められた。
f型バックパックを潰し合わせるためである。

最後にはO.C.U.軍ではなく、マハーカル軍で決着をつけることによりO.C.U.への体面を守り、同時に正規軍人ではなく傭兵部隊を使うことで可能な限り軍への反感を押さえ込もうとした意図が見て取れる。

なお、この反乱の鎮圧後、ヴェーメル大佐は軍内の人間に闇討ちされることが増えたという。


 個人  Database
 機体  Machine
 部隊  Team
 兵装  Arms
 スキル  Skill
 用語辞典  Dictionary
 外務情報  Info
 デュエル  Duel

 編集方法  @wiki

 目安箱  Contact
 リンク  Link



  Total -
  Today -
  Online -

  since2006.5.10