|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

113式強刃

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

113式強刃



イグチ社が開発した107式強盾系列の機体である。
そのソリッドでアクティブな外見から甲、乙からの派生と見られる。

昨日としては従来の各部構造のメカニズム、ジェネレーターも
より進歩したものになっているものの
実験機ならではの要素が多々見られる。
尚、正式採用はされていない。

  • ボディ
新たに背筋に当たる部分や背部間接の増加を行っており
柔軟で精密な動きができる反面脱出装置の配置移動や
装甲の軽減なども目立つ。

  • アーム
肩部、腕部は従来のモーター&ギア型、シャフト型
からボールジョイントを採用した
ハイブリッド型とモーターの新造により自由な攻撃や
人間に非常に近い動きができるようになったし
衝撃や反動の多い肩武装やライフルの反動に十分耐えられる
ショックアブソーブ機能もついているため
装甲は若干増量している。

  • レッグ
従来の堅牢なタイプではあるが
しっかりとした力の伝え方と衝撃吸収を考慮した構造
なので若干格闘向きに作られている。


これまでのヴァンツァーと同じくMULSーP規格にも対応しているが
強刃各部分のパーツはその特殊な機能上ほかのMULS-P規格製品
のボディには装備できない。



コンセプトはアサルト向きであり敵の攻撃になるべく被弾せず
切り込むといったかなり無茶なコンセプトであり
通常のパイロットでは難しい面もある。

主な武装は
WAP用ソード:*~*があるがキーンセイバー等と違うため
よくこの機体になじむ武装である

そしてWAP用ハンドガンであるが
元々ドラグーン小隊に装備させるための装備であり
ドラグーンピストルを考慮したものであったが
採用が遅れた為オジャンになった。
拳銃のため超接近戦仕様に考えられているが
機構の単純化により大口径の弾を装弾できるようになった。


アラカワは「俺向きじゃないな」と言ってテストの話を投げて
ルーフあたりのINに押し付けるつもりだったがいなくなったので
サポートAIを入れて使っていた


 個人  Database
 機体  Machine
 部隊  Team
 兵装  Arms
 スキル  Skill
 用語辞典  Dictionary
 外務情報  Info
 デュエル  Duel

 編集方法  @wiki

 目安箱  Contact
 リンク  Link



  Total -
  Today -
  Online -

  since2006.5.10