|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

マツリ(祭)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ランチャー用の機体である。
概要:センダー社のウィスクの技術とイグチ社の月弓の技術が使われているヴァンツァー
ボディの形状はウィスクに準じているが頭部のトサカは無く、胸部装甲板も一回り小さいものとなっている
アームは箱型ロケット内蔵アーム、しかもこのアームは上部にショルダー・ハードポイントを残してある。
レッグは通常二脚のではあるが、軽量化の観点から装甲はほとんどつけられておらず一部内部機構が剥き出しになっている。
最大で実質ショルダーウェポン四つという重量に堪えるため装甲をそぎ落とし徹底的な軽量化がなされた実験機体である。

また、この機体はスキルとして一斉射撃を備えている。
もともとはウィスクのミサイル乱撃をコピーしたかったのだが、そこまでのテクノロジーの提供は行われず結果見よう見まねで生まれたスキルである。
効果は、全ショルダーウェポンを一斉に発射する。
ただし、その反動を十分に支えることが出来ず、狙いも適当なので命中率は半減する。
さらに、装甲の薄さとパイロット保護を両立するため緊急脱出機能を完備。
ハンドガンでも射出するというとんでもない設定に仕上がっている。

元開発責任者ヴェーメルの失脚により、枷の無くなった研究者が好き勝手に作ったヴァンツァー
とにかくショルダーウェポンをばら撒ければいいというコンセプトで設計されており、出力確保のため無理やり軽量化したこの機体は装甲・耐久力ともに実戦に耐えうるものではなく、データ確保のため生産された数機は全て闘技場に流された。
なお、この機体名称は『イキ(粋)』ともどもイグチ社へ出向に行ってきた研究者がO.C.U.ジャパンかぶれとなり、そのままノリと勢いでつけたそうな


 個人  Database
 機体  Machine
 部隊  Team
 兵装  Arms
 スキル  Skill
 用語辞典  Dictionary
 外務情報  Info
 デュエル  Duel

 編集方法  @wiki

 目安箱  Contact
 リンク  Link



  Total -
  Today -
  Online -

  since2006.5.10