|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

WAP島周辺に生息する海洋生物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WAP島周辺に生息する海洋生物の図鑑です。
以下の様な形で編集して下さい。

・魚類名:


・特徴



※追加編集自由です。


・テカギイワシ(Gaff Sardine)

 体からギャフ(手鉤)状の突起を何本も生やしている鰯。体長約10cm~15cm
 突起は鰭が硬質化したものとも骨が変形したものとも言われているが定かではない
 この突起が何の役に立つのか等、その生態に謎の多い魚である
 煮魚にして食べると美味しいが、小骨が多いので注意が必要である

 また、この魚に似た種類で「ルアーにそっくりな」タイプが存在すると言われているが
 発見例は僅かで現在調査が進められている


・ナナイロダイ(Rainbow Sea Bream)

 体の色が虹の如く七色に染まっている小型の鯛。体長約15cm~20cm
 普段は七つの色がはっきりと分けられていて、見た目はかなり綺麗なのだが
 危険を感じるとマーブル模様に変化してかなりヤクイ感じになると言われている
 (どういった原理で体の色が移動するのかは不明)
 体の色以外は割と普通の鯛であり、主に焼いて食べる事が多い
 その際には体の色は失われてしまうので、見た目地味な色の鯛になってしまう


・ゲルニカレイ(Guernic Flatfish)

 ピカソの有名な絵画「ゲルニカ」に描かれていそうな雰囲気のシュールな鰈
 体長約30cm~50cm、主に灰色がかった色をしている
 鰭や眼の位置など、島の人間でも同じ型のものを見た事がないといわれるほど
 個体の形が一定していないのが特徴
 基本的に煮つけか丸ごと揚げていただくと美味しいらしい


・ヌシ(The master)

不人気海岸近くに生息すると言われ、目撃例が数例しかない超巨大魚。
過去に岩場でヌシを釣ってしまった釣り人の証言によれば派手なオレンジ色と星型の模様、それに王冠に似た器官(これがなんの役に立つのかは不明である)とカイゼル髭のような毛を生やしているのが特徴。
ちなみにその釣り人があまりのことに驚いている間に自力で海に飛び込んで逃げ去ってしまったため、調理法や味については一切不明。
いまだその存在が公式に確認されていないため正式な名称はなく、一部の住民から「ヌシ」と呼ばれているのみ。


・異形魚(イギョウウオ strange fish)

奇妙な外観を持つ魚。WAP島周辺の一部海域のみに生息する。
群れは無く、産卵期以外は少数で生活する。
その奇妙な外見は個体差が激しく、同じ外見の固体が見付からない程。
最近では、四脚(魚なのに)であったり、海上をホバーの様に移動する個体も見付かっている。
一応食用ではあるが、少数しか獲れない為、WAP島では高級魚の部類に入る。
調理方法としては、その外観を楽しむ生け作りや、姿焼き等が好まれる様だ。


・ワプウミウシ(Wap Sea slug)

WAP島周辺海域に生息する 貝殻が退化したり全く無くなった巻貝の仲間。
雌雄同体で、WAPの迷彩に似た体色を持つ(何種類か確認されている)。
また、大型のものは体長10m以上にも達するという。味は非常に不味い。
同種かは不明だが、Mission987では200m超の超巨大ウミウシが確認されている。


・クラーケン(Kraken)

イカに酷似した生物。人間よりやや小さいくらいの大きさで、
色はやや濃い目の灰色、目は赤い。
元来はメラナット島と呼ばれる場所に生息しているが、
何らかの理由で流れてきたらしい。
イカと異なり浅瀬や陸上で活動することが可能で、魚や小動物を捕食する。
メラナットに住むものに比べると多少おとなしめで、
こちらから攻撃をしない限り人間を襲うことはめったにない。
生命力が高く、頭部(イカで言う甲の部分)を失っても活動できる。
やや大味だが食べられるらしい。墨はイカスミとして利用される。
主に海の家のメニューに。

大型のものも目撃されているが、まだ報告例が少なく実在するかどうかは不明である。


・キラードーム(Killer Dome)

カニの一種。金属質の殻を持ちヴァンツァー並の頑丈さを誇る。
くるくる回る殻(3Dレーダーの役割を果たすとも言われている)と
茹でてもいないのに真っ赤なボディが特徴。
成長すると全長6mにもなる。
水中、浅瀬、陸地と活動範囲が広く頑丈なため
国や組織によっては武装を施し、兵器として利用している場所もあるとか。

とても硬いため食用には適さないが、茹でたくらいでは死なないため
鉄分豊富な出汁をとるのには向いている。


・トガリクイウチイカ(Pilebanker Cuttlefish)


 WAP島近海に棲息するイカ。体長約30cm~40cm(外套部のみ)
 諸説あるが現在ではコウイカの一種と言われている
 胴体部分の形状が、WAPの格闘武器であるパイルバンカーに似ていることから
 島の人間には「パイル」と呼ばれている
 調理方法は様々だが、主に刺身やフライなどにして食べられている


・シーサーペント(sea serpent)

 WAP島北部海岸でたまに水揚げされる巨大な蛇っぽい海洋生物。
 21世紀中頃までUMA扱いされていた。
 高級品で蒲焼にするとおいしい。






 個人  Database
 機体  Machine
 部隊  Team
 兵装  Arms
 スキル  Skill
 用語辞典  Dictionary
 外務情報  Info
 デュエル  Duel

 編集方法  @wiki

 目安箱  Contact
 リンク  Link



  Total -
  Today -
  Online -

  since2006.5.10