|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

WJS-G

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Wanzer Joint System - G(ジャイアント、もしくはギガント)
バーラエナ共和国、E.B.U領で試験投入された機体。
WJS-Xで得たデータを元に試作された。
WJS機構を搭載した二機のヴァンツァーで構成されており
現地で合体、大型化する事でWJS-Gとなる。

分離状態で目的地に潜入。作戦区域で合体し
大型火器で前線部隊を支援する事に主眼を置いている。

専用の大型火器TEMLとジェネレーターを直結する為のコネクタと
冷却用のインテークが背面にある。
充電時、インテークの放熱ファンがフル回転し、機体後方に凄まじい風が発生する。

日本人技術者が開発に参加?


 個人  Database
 機体  Machine
 部隊  Team
 兵装  Arms
 スキル  Skill
 用語辞典  Dictionary
 外務情報  Info
 デュエル  Duel

 編集方法  @wiki

 目安箱  Contact
 リンク  Link



  Total -
  Today -
  Online -

  since2006.5.10