粗品サンプル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サンプル…?(笑) 誰かが収集してるかも…?


  • こしみの(各種)
  (とても臭う。売りたくても買い取ってもらえない、捨てても何故か手元に戻ってくる、
  謎の物体。色んな魔物が愛用していることが多い)(2015.5.24.の記憶)

  • 赤いカーペットの切れ端
  (アロマ(黴♡)が香る。売りたくても買い取り拒否される、捨てても何処からともなく
  手元に戻ってくる、とあるお屋敷で入手したもの。ス・テ・キ♡な気分になれる…?
  貴方も嗅がされていてはイカガ?♡)(2015.5.31.の記憶)

  • トマトのヘタ
  (ガラの悪いトマトが残した、ヘタ。手にちょこんと乗る感じ。売値はつかない。
  捨てても手元に戻ってくる、あるお店で手に入れたもの。一応食べられるようだが…?)(2015.6.7.の記憶)

  • 腐ったタマゴダケ
  (温泉宿の名物、タマゴダケの腐ったもの。ただのタマゴダケが腐ったもののはずなのに、
  奥地で遭遇した「タマゴダケ(?)」の「キエエエエエエ…」という声(?)が聴こえてくる気がする一品。
  食べても失くならず、食べ続けることができる。しかし食べると確実にアタる。
  捨てることもできない。腐敗臭が酷い。)(2015.6.20.の記憶)

  • ゴブリンの茶色く煮染めた例のヒモ
  (かっぱーたん達から財布を奪っていったゴブリンが身につけていた、例のヒモ。
  ゴブリン達にもお洒落感覚があるのだろうか…?元は白いヒモだったようだが、今ではすっかり薄汚れて
  汚らしく茶色に変色している。捨ててもいつの間にか手元に戻ってきており、朝起きるとたまに体に
  絡みついていたりする不気味な代物。ゴブリンの体臭も染み付いているようでとても臭い。)(2015.7.1.の記憶)


.